« Glutton is Destroyer of the Earth. | メイン | Don't be chained to Shape, think "Function" ! »

2007年9月24日

月暈(つきがさ)【小島有香子】

プロダクトデザイン/ 展示・イベント

tsukigasa2.jpg
(出典:日本工芸会

新日曜美術館で日本伝統工芸展を特集していて、
その受賞作品の1つに釘付けになりました。

高松宮記念賞を受賞した小島有香子さんの「月暈(つきがさ)」。
最年少での受賞だとか。

4枚の黒ガラスと1枚の青ガラスを重ね合わせて接着した後、
削りだして作られた皿なのですが、
光の当たり具合によって色が変るそうです。

イメージは「暈をかぶった月」。
暗い中に青いブルーの環が浮かぶ様はなんとも幻想的。



広告



「月暈」のほか、陽にあたる葉っぱをモチーフにしたオブジェもステキでした。

kojimayukako.jpg
(出典不詳)

小島さんは東京の美大を出た後、富山に移り住んだとか。
空がきれいだという富山の町で、この皿は生まれた。

良いものは良い環境から生まれるものなんですね。


ガラスは溶かしたり、膨張させたりして細工するのが普通で、
削りだして形を小さくしていくのは珍しいそうです。
まあ普通に考えたらそうですよね、ガラスを「削ろう」なんてまず思わない。

伝統は古い伝統を守るだけでなく、新しい伝統を作り出していくことも大切。
「伝統」というと、とかく古くさいイメージを想像しがちですが、
新しい潮流を作り出していくことも含まれるんだな、ということを感じました。
だからデザインは伝統と親和しやすく、
最近注目されるコラボ産業となっているのかもしれません。


いつか美しい街で、美しいもの作れたらいいなあ...

腰掛け作りへのモチベーションが上がってきました。
いいもの作らなきゃ。


第54回日本伝統工芸展東京展は今月一杯、
日本橋三越本店本館7階ギャラリーでやってます。
入場無料だし、この皿の実物が見てみたいので行ってこようかなあ...

※現在は終了しています。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿