« THE OUTLINE 見えてない輪郭【21_21】 | メイン | ベロニカは死ぬことにした【パウロ・コエーリョ】 »

2009年11月 1日

六本木心中

空間デザイン

midtown_baloon2.jpg

roppongi_eiheiji2b.jpg


 ...この街は広すぎる
 BIG CITY IS A LONELY PLACE
 独りぼっちじゃ
 街の明かりが
 人の気を狂わせる...
 (アン・ルイス『六本木心中』)


課題が一段落して、芸祭期間で大学が1週間の休み。
かねてから見に行きたかった展示を見に行ってきました。


  ・山種美術館 速水御舟展
  ・ギャラリー「間」 隈研吾展 Studies in Organic
  ・21_21 Design Sight THE OUTLINE 見えてない輪郭
 

天気も良かったので、散策がてら恵比寿~乃木坂~六本木を歩きました。



広告



まずは恵比寿駅から駒沢通りを山手線内側方向へ向かう。

黒いダビデ像。
hiroo_david.jpg

パパスというアパレルメーカーの本店みたいです。


最初の目的地、山種美術館へ。
yamatane_entrance.jpg

1時間ちょっと鑑賞して、駒沢通りをさらに北上すると、六本木通りに合流。


フラットアイアンビルのような鋭角な三角柱ビル。
roppongi_trianglebuilding.jpg

roppongi_trianglebuilding2.jpg


六本木通り沿いを歩いてもつまんないし、
乃木坂へのショートカットもかねて六本木通りの北側へ。

西麻布のど真ん中にでっかいお寺が。

roppongi_eiheiji6a.jpg
[山門]

「曹洞宗大本山 永平寺別院 長谷寺(ちょうこくじ)」というお寺らしい。
全国各地にある「長谷寺」、東京のど真ん中にもあるんですね。


法堂(はっとう)。
roppongi_eiheiji1a.jpg


僧堂。
roppongi_eiheiji4a.jpg


手水舎。
roppongi_eiheiji3a.jpg

どうして手水舎には龍の銅像が多いのだろう...


本堂脇の観音堂。
roppongi_eiheiji5a.jpg


中には巨大な観音像が。
roppongi_eiheiji2a.jpg

十一面観世音菩薩(通称:麻布大観音)と呼ばれ、その高さは高さ3丈3尺(約10m)、
一木彫り木造としては国内最大級の樟の大観音像だとか。
ちなみに奈良には真言宗豊山派総本山の長谷寺(こちらは「はせでら」)があり、
こちらの本尊も十一面観世音菩薩で木造の大観音なのですが、
高さは3丈3尺6寸と約18cmほど大きく、こちらが国内最大の一木仏となっているようです。


ゲーリーチックなビルディング。
roppongi_kosaten.jpg


青山霊園入り口。
aoyama_reien2.jpg

その後六本木ヒルズを北上するトンネルをくぐる。


国立新美術館。
nact_091031.jpg


第2の目的地、乃木坂。
nogizaka.jpg

隈研吾展を見て、ミッドタウンへ。


TDW関連イベントで敷地内にはさまざまなオブジェが展示。

midtown_sculpture1.jpg

midtown_sculpture2.jpg

midtown_kawara.jpg


21_21 Desig Sightの奥では何と気球が。
midtown_baloon3.jpg

midtown_baloon.jpg

地上3階くらいまでの高さを試乗できるみたいです。


21_21 Desig Sightで深澤直人展を見た後、ミッドタウンの中へ。
midtown_091031.jpg

この空間が好きで、何度訪れても毎回シャッターを押してしまう。


日比谷線六本木駅へ向かうコンコースにアートコンペ受賞作が展示。
midtown_artcompe.jpg

2位の木彫りの自動販売機は思わず悲しくなってしまったけど、
1位のこの作品はキレイで良かった。


...と正午からおよそ5時間かけて散策。

疲れた~


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿