« 紺碧の巨大な人工山・九州国立博物館【菊竹・久米設計共同体|福岡県太宰府市】 | メイン | アイランドシティ中央公園・体験学習施設ぐりんぐりん【伊東豊雄|福岡県福岡市】 »

2014年1月13日

アジアのクロスロード福岡・アクロス福岡【エミリオ・アンバース|福岡県福岡市】

建築デザイン

acrosfukuoka_centertriangle.jpg

acrosfukuoka_sideview2.jpg


自然との共生、心潤う空間づくりをテーマにした公民複合施設であるアクロス福岡は、建物を都会の中の一つの山と見立て、全面緑化されたステップガーデンには四季折々の植物が生い茂り、訪れる人々に潤いと安らぎを与える都会のオアシスとなっています。(アクロス福岡オフィシャルサイトより)


大宰府を後にしてその日の最終目的地、博多は天神へ。

エミリオ・アンバース設計の屋上緑化ビル・アクロス福岡が見たくて、
真ん前にあるホテルに宿泊。

しかし到着時にはすっかり日が暮れちゃって、夜。
周囲は何も見えず。
しかも太宰府でさんざん歩きまわって足が棒。

その日はやむなくごはん食べて早々にバタンキュー。


翌日。
快晴。
それはそれは見事な人工の山なのでした。



広告



acrosfukuoka_lobby3.jpg


アクロス福岡は、人工と自然の二つの顔を持っている。

道路に面した側は近代的なビルの顔。

acrosfukuoka_redstar2.jpg


側面に回りこんでいくと...

acrosfukuoka_sideview1.jpg


階段状の屋上庭園が見えてくる。

acrosfukuoka_pond.jpg


さらに引いて眺めると...

acrosfukuoka_facade.jpg

現れる人工の山。


中は10階までの巨大な吹き抜け。

acrosfukuoka_lobby1.jpg

acrosfukuoka_lobby2.jpg

近代的な空間を形成。


さて、屋上庭園はステップガーデンと呼ばれる階段状の庭園を登っていきます。
ステップガーデンは一般公開されているけれど、季節によって入園時間が決まっているので要注意。
また、屋外の庭園とビル屋内とは基本的には繋がっておらず、
一階からてくてく登っていくしかありません。

acrosfukuoka_stepgarden_start.jpg

acrosfukuoka_stepgarden1.jpg

acrosfukuoka_centertriangle_side.jpg

acrosfukuoka_center_cylinder.jpg

acrosfukuoka_stepgarden2.jpg

acrosfukuoka_stepgarden3.jpg

acrosfukuoka_stepgarden4.jpg

acrosfukuoka_stepgarden5.jpg

しかしオシャレのための庭園、という域を越えてもう森のレベル。
都内に森を、というアンバースの本気度が伺えます。
1995年の開業以来、およそ20年の間にすくすくと山は育ち、本格的なものに。

屋外と屋内が基本的には一階でしか繋がってないのがちょっと残念。


ステップガーデンの前には天神中央公園が広がります。

acrosfukuoka_centertriangle_back.jpg

ここは元は福岡県庁跡だったみたいですね。


ステップガーデンは朝9時に開くのですが、屋上だけは土日祝日のみ、
しかも10時からしか開きません。
朝9時の開園と同時に入ったものの最上階手前で足止め。
せっかくここまで来たのだから、としばらく待ってやっと入る。

acrosfukuoka_topfloor.jpg

うーん、なんの飾りもない、ありきたりな殺風景。
でもなぜかガードマンまでいる。

どうせならもっとキレイに庭園らしくすればいいのに。
なんか画竜点睛を欠いてるようで残念。

でもまあ、やはり自然と一体化した都市はイイ。

続いて次の目的地、アイランドシティ中央公園へ。


【information】オフィシャルサイト

アクセス


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿