« 表参道散策 【青山通り編】 | メイン | ポートフォリオ »

2008年8月24日

GOOD DESIGN EXPO2008【東京ビッグサイト】

建築デザイン/ プロダクトデザイン/ 展示・イベント

gde08_board.jpg


大学の同級生に招待券をもらったので行ってきました。
久々のビッグサイト。

グッドデザイン候補の展示は2006年に一度行ったのですが、
そのときはGOODDESIGN PRESENTATION(GDP)という呼称でした。
まあEXPOのほうが分かりやすいですよね。


あらゆる分野から膨大なグッドデザイン候補が一同に展示されます。
多くは説明員なしのパネルや模型、現物のみの展示ですが、
ものによっては説明員が丁寧に説明してくれたり、
現物を自由に触れるものも少なくない。
加えて撮影フリーなのでまともに全部の展示を見ていたら
会期の3日は使わなければならないでしょう。

自分が行ったのは最終日で、興味のある分野も建築と家具に絞られているので、
それ以外はさっと流す程度に見学しました。



広告



gde08_hall.jpg

会場で気に入った展示をピックアップ。
素性が分かるものについては明記してますが
とにかく感性が赴くままに撮ったので中には素性が分からないものもあります。


まずは建築分野。
模型があるものはだいたい写真撮ったかな。

西部商工株式会社神戸工場
gde08_factory.jpg


MVRDV設計の表参道のGYRE。
gd08_gyre1.jpg

奇抜な造形は直方体を積み重ねてそれぞれランダムに垂直軸方向に開展させて
エッジを敷地でカットしてできたものなんですね。...なんとも独創的。

gd08_gyre2.jpg
【GYREのコンセプト模型】


神保町のシアター設備。
gd08_jinbochotheater2.jpg

神保町にこんなんあったけな...


成蹊大学の情報図書館。
gde08_seikeiuniv_infolibrary.jpg


TERA。
gde08_TERA1.jpg


TOSTEM。
gde08_TOSTEM.jpg


若葉台の家。
gde08_wakabadaihaouse.jpg


どこかの家その1。
gde08_house1.jpg


どこかの家その2。
gde08_house2.jpg


どこかの家その3。
gde08_house3.jpg


どこかの家その4。
gde08_house4.jpg


どこかのビルその1。
gde08_skeltonbuilding.jpg


どこかのビルその2。
gde08_tripletower.jpg

gde08_tripletower2.jpg

かつてミースが設計したトリプルタワーを彷彿とさせます。


どこかのビルその3。
gde08_twintower.jpg


続いてチェア編。

喜多俊之氏設計のチェア。
gde08_kita_chair.jpg


韓国はあのサムソンがベンチを作ってたんですねえ。
gde08_samsung_bench.jpg

実物は屋根なししか展示してありませんでしたが、
横のスケッチ集にあった屋根付きのほうが格好良かった。
日本展開はこれからと韓国人らしき女性スタッフが丁寧に説明してくれました。


どこかのチェアその1。
gde08_chair1.jpg


どこかのチェアその2。
gde08_chair2.jpg


DEマークのブースにあったチェア。
gde08_de_chair.jpg


チェアじゃないけど座る、ということで同じくDEマークのブースにあった便座。
gde08_toilet.jpg


続いてプロダクト編。


ソニーのトールタイプスピーカー。
gde08_sony_speaker.jpg

透明な筒の中にキレイな青色LEDが光る奇抜な外観は多くの人の目を引いてました。


ソニーのBRAVIAテレビ。
gde08_sonybravia.jpg


パーソナルモビリティ・ロボット「Winglet」。
gde08_winglet.jpg

セグウェイの進化版なのかな。


どこかの急須。
gde08_kyusu.jpg

ふたの取っ手がお茶を注ぐときに押さえやすい位置にしてあります。


どこかのデスクライト。
gde08_desklight.jpg

コの字型の形が面白い。


どこかのペットボトル。
gde08_petbottle.jpg


香水瓶。
gde08_perfume.jpg


会場にはメーカーだけでなく、デザイン系の教育機関のブースもありました。

多摩美のブースもありました。
ただし八王子ですけど。
gde08_tamabi_booth.jpg

去年の卒制展示会場で見かけた「一枚の平面から浮かび上がる椅子」が展示してありました。
gde08_tamabi_chair.jpg


今回この展示を見てあらためて感じたことは、
自分はやはり「造形」に興味があるんだな、ということ。
造形で思想を語りたいんだな、ということ。
アイデアや機能で勝負するものにはさほど興味を喚起されませんでした。

近代デザインの黎明期はルイス・サリヴァンの「形態は機能に従う」という言葉で
表現されるものであったけれど、時代が進んでマスプロダクトが再び疑問視され、
「個」が重要視されるようになった昨今においてはもはやこの言葉は適切では
ないのかもしれません。


  「形態は思想に従う」


そんな時代に突入しているのではないだろうか。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿