« 明星ヶ岳 | メイン | 公民館職員研修会 »

2011年8月19日

震災の爪痕

その他

tohokushinsai_sea.jpg


遊子川の駐在さんが1ヶ月ほど震災支援で東北へ出張してました。

先日無事元気に帰ってきて、いろいろ体験談を聞かせてくれました。
同時に現地で撮影した写真も頂きました。


そこにはあの日から5ヶ月経過してなお、深く残る傷跡が生々しく、
被害の大きさが伺えました。


被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

こうした震災に出逢うたび、人間の小ささを痛感する。
自然の猛威を前にして、人間に為す術はない。
自然を征服しようなんて思うな。
それは驕り以外のなにものでもない。


ただ、運命を受け入れるのみ。
どんなに辛くとも。
どんなに悲しくとも。



広告




津波により傾いた電柱。

tohokushinsai_piller.jpg


根元から折れてしまった看板。

tohokushinsai_brokenpiller.jpg

巨大なエネルギーの通過の痕跡。


破壊された信号機。

tohokushinsai_brokensignal.jpg


破壊された家屋。

tohokushinsai_brokenhouse.jpg

tohokushinsai_brokentoilet.jpg

tohokushinsai_pond.jpg


寸断されたレール。

tohokushinsai_rail.jpg


取り残された車。

tohokushinsai_brokencar.jpg


陸に打ち上げられた船。

tohokushinsai_ship.jpg


長い年月をかけて築き上げた文明社会を、自然の猛威は一瞬にして破壊し尽くす。

それでも自然を恨んではならない。

こういう震災に遭うたびに、文明を築くことに意味はあるのか、という疑問が浮かぶけれど。
見えない未来を前にして前に進み続けることに不安を感じるけれど。

やはり築き続けるしかないのだと思う。
前に進み続けるしかないのだと思う。

僕達が生きものである限り。
そして僕達が人間である限り。



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg