« ユルバニスム【ル・コルビュジエ】 | メイン | 天才建築家ブルネレスキ【ロス・キング】 »

2011年1月 1日

ことよろ

その他

durer_rabbit.jpg
[アルブレヒト・デューラー「野兎」(1502年)]


年が明けました。

昨年暮れに祖父が他界したため、新年の祝辞は控えさせていただきます。

毎年恒例の年賀イラストも控え、
今年の干支であるウサギの名画と代えさせていただきます。
およそ500年以上も前の絵とは思えない緻密さ。
良いものは時を越えて残るものなんですね。


それにしてもひどい年末年始となった。

30日。兆候が現れ始める。
ノドが痛くなってきて、そのうち頭痛が。
鼻が詰まってまともに鼻呼吸ができなくなって、
一晩寝て起きてみると口の中がカラカラに乾ききる。
そして襲ってくる酷い寒気。

大晦日はほとんど寝たきり。
翌元旦も初日の出を拝むこともできず。

昼過ぎて、ようやく症状も和らいできて、快方へと向かって...いるはず。


どうやら今年は本厄の前厄らしい。

波乱に富んだ一年になりそうな予感。



広告



まずは恒例の昨年の反省。


1.建築関係への就職

  結果:×

  現状で卒業後の進路が決まってません。
  ...というよりまだ就活開始してません。
  農村六起プロジェクトなどの活用を考えてはいるものの、
  まだ踏み切れず。


2.卒業制作の完遂

  結果:○

  2月の展示を残すものの、無事最終プレゼン終了。
  概ね自分のやりたいことはやれた気はします。


3.早稲田大学芸術学校への進学

  結果:×

  経済的に無理。
  さらに今は京都造形大の通信課程も候補に挙がって思案中。


4.良いものをたくさん見る、旅行する

  結果:○

  経済的に苦しいながらも、今年もたくさん歩きました。


虎視眈々と機を待ちながらも、
二勝二敗でなんとか分けきった、といったところだろうか。


今年の目標は...

干支で言うなら、「二兎を追う者は一兎をも得ず」といったところだろうな。
二つのことを器用に同時にこなせない。
これはもう性格だからしょうがない。
そして軍資が尽きたから仕方がない。

今年はまずは「ちゃんと働く」。
同時に在京20年の区切りとして新天地か、故郷へ戻るかを決断する。

同時に「学び」続ける。
こう書くと、二兎を追っているじゃないか、と言われそうだけど、
働くことも、学び続けることも、結局は一生続けるのが理想なのだ。
「働きながら学ぶ」という一つの行為と捉えたい。
でなければこの大学に来た意味がない。
苦しい想いをして卒業する意味がなくなってしまう。


前途多難な前厄の一年となりそうですが、今年もよろしくお願いします。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿