« ホテル椿山荘東京【東京都文京区】 | メイン | クレマチスの丘1・ビュフェ美術館【静岡県長泉町】 »

2009年4月 5日

緋春

その他

sakura_todoroki.jpg


長かった春休みも気付けばもう終わりで、
いよいよ今週から新学期。


大学の助手さんのお手伝いで大学にはしょっちゅう行ってたものの、
同級生とはほとんど顔を合わすこともなかった。

そんな春休みも終わりのある日、同級生の女の子から花見のお誘い。


久々にクラスメイトの面々に再会。
みんな青春してました。

...若いっていいね。




広告



花見に誘ってもらったものの、出かけるときになって雨が降り出して。
結局同級生の家に行くことに。

...しかし若者の話についてけない。

若者ってどうしてあんなにアニメや漫画が好きなんだろ。
かくいう自分も二十歳そこそこの頃には本棚が一杯になるくらいコミック漫画が
ぎっしりあったけどね。
「ニュータイプ」とか、「アニメディア」、「アニメージュ」などの
アニメ雑誌も買ってたけどね。
アニメや漫画を見てしょっちゅう妄想してたけど。

...今やジブリくらいしかもう興味がない。


そういう大人をみて若者たちは、「夢をなくした大人たち」と思うのだろうか。


現実世界にはもっと面白いものがたくさんある。
見るだけよりも、触れることで感じる喜びのほうが数段素晴らしい。
ただ、そのことに気付いただけ。


青春を謳歌している若い同級生たちと比べると、
自分はとても禁欲的な学生生活を送っている気がする。
この歳では大学にいてももう青春の日々は送れないのかもしれない。
僕の青春は遅咲きだったけれど、
バツイチになった時点でその時代は幕を下ろしてしまった。

今の若者と同じような人生を過ごせず、
かといって同年代の多くが過ごすような人生も過ごせず、
それが僕の孤独感をなおさら強くさせる。
今の僕の人生を一言でいうならば、
青春時代ならぬ「緋春時代」といったところだろうか。


なにが楽しいって今は建築やデザインのことを考えているときが一番楽しい。
学校で講義を聴きながら、新しい自分を発見していくのが楽しい。
学校で自分の作品を作りながら、自分を表現していくのが楽しい。

だから学校がはじまるのが待ち遠しくてならない。


徹夜でオールして(...といっても最後のほうは寝ちゃってたけど)、
久々の朝帰り。

せっかく花見を口実に出かけたのだから、と
早朝の帰り道、近所の等々力渓谷付近に咲く桜を撮ってみました。

多摩川の桜も満開でした。


さあ、新学期。

...の前に最後の遠出をしてきたいと思います。



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿