« 東京物語【小津安二郎】 | メイン | 緑の砂漠 »

2007年10月27日

排出権

その他

eco_right.jpg


ちょっと前に『仕事の流儀』で排出権という言葉を知りました。

知ったばかりなので、その認識について多少理解の足らないところや
誤認している部分もあるかもしれません。
その場合はコメントしていただけるとウレシイです。

排出権とは簡単に言えば「二酸化炭素を排出する権利」です。
これだけ聞くとけしからん権利だと思ってしまいますが、
(僕自身最初そう思ってしまったし^^;)
発展途上国など自国で温暖化防止対策をとる費用がない国において、
先進国の企業などがお金を出してその温暖化防止対策事業に出資する代わりに
その出資国の京都議定書で定められているCO2削減量に還元できるというもの。

例えば、未整備の電気インフラを整えることにより節電を実現する事業、
燃費の悪い旧型エンジンを搭載した車に燃費の良い新式のエンジンに乗せ換える、
など今排出権を扱うビジネスが盛んだそうです。


しかしね。
こうして排出権のからくりを聞いてなお、僕には釈然としないものがあるのです。


広告



地球規模で見れば、排出権ビジネスは確かにエコだといえる。
地球規模で地球温暖化防止対策事業が活発化し、平均化されるでしょう。

しかし先進国は本当にやるべきエコ対策をやりきったのだろうか?

弱者を助けるのは確かにいいことだと思う。
でも助けるべき弱者は国内にもたくさんいるんじゃないか。
途上国への支援事業をやるなとは言わない。

でもその事業で事業国の排出目標を軽減する、というのはどうなのだろう。
同じ事業をするのであれば、物価の高い国内よりも物価の安い途上国に
事業が流出するのは至極当然のことではないだろうか。
日本の伝統工芸が海外の安い労働力で危機に瀕している状況に似ている気がします。


日本が削減すべきCO2排出量ってそんなに少ないのだろうか。
東京を見る限りまだまだって気がするんだけどなあ...

この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

関連ページ



コメントを投稿