« 東京国際フォーラム【ラファエル・ヴィニオリ|東京都千代田区】 | メイン | An Architecture of Multiplicity 【EERO SAARINEN】  »

2009年5月19日

就活

建築デザイン/ 学業

sc3_s1_2nd_model6.jpg


課題のエスキース日。

6つめの1/100検討模型を見せる。
山場は過ぎたみたいで、言われることもそんなになくなって。
間取りのプランが決まっているなら1/50で屋根を詳細検討してみろ、と。

やっと1/50スケールへステップアップできる。
材料費は嵩むけど。
検討模型の数はまだまだ少ないながらも進歩してるようです。


3限目はいつものエスキース、
4限目は大手メーカーに就職が内定したという4年生の先輩によるポートフォリオ講習。


就職組はさぞかしモチベーションが上がったことでしょう。



広告



大学3年...とくれば就活の季節。


僕はもちろん就職する気満々...


...ウソです。
就職する気全然(なし)、です。


「いい歳こいて学生している場合か?」と思うことがよくある。
とくに最近はバイトにもあまり身が入らず、
生活はさらに苦しくなっていることもあってなおさらそう思う。

でもこのまま就職してしまうのはやはり違う気がする。

自分がやりたいことを実現するために、まだまだ学ぶべきことがある。
この学校のとは違うべつの学校で。

もうすでに人より十分遅れた人生を送ってんだ。

ここでさらに3年遅れたってどうってことない。
養うべきも親も妻も子もない。


ならとことん自分が納得いくまで学ぼう。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

関連ページ



コメントを投稿