« 建築MAP東京 | メイン | アントニン・レーモンドの建築【三沢浩】 »

2010年5月 9日

ロシア・アヴァンギャルドの彫刻家【ナウム・ガボ】

アート/ 人物


[ナウム・ガボ『線的構成No.1(ヴァリエーション)』]


桜の頃に川村記念美術館へ訪れたとき、釘付けになった作品。


モホリ・ナギ、カンディンスキーと同じコーナーに展示してたので、
てっきりバウハウスの人かなあ、と思いきや、
Wikipediaによれば、ロシア・アヴァンギャルドの彫刻家だったんですね。
ロシア構成主義の命名者の一人でもあったとか。

...といってもアヴァンギャルドも構成主義もよく知らないのだけど。


基本構成要素は線形的、幾何学的。
しかしそれで形成される形を全体的に眺めると有機的。

...まさに自然美。

美とは、独創的であるかどうか、ではなく、本質的であるかどうか。

...これに尽きるのではないだろうか。



広告



アンリ・カルティエ=ブレッソンが撮ったガボ。


川村美術館で「線的構成No.1」を見るまで、
「ナウム・ガボ」という名前は知らなかったけど、
この板で構成された頭像はどこかで見たことがあったかも。


ネットでそのほかの作品を探してみました。

naumgabo_5.jpg


重力という縛りが秩序を生む。

大切なのはその力に抗うのではなく、流れに乗るか。
抗えば力は相殺され、流れに乗れば、力は倍加する。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿