« amadana in 表参道ヒルズ | メイン | La Chaise(ラシェーズ)【イームズ】 »

2006年2月16日

絵を描くために必要なもの

ビジュアルデザイン

20060208_poster_01.jpg

  世界一早い「ゲド戦記」インタビュー(完全版)

プロデューサー鈴木敏夫さんへのインタビュー。

  なぜ今、「ゲド戦記」だったのか。
  監督はなぜ、吾朗君だったのか。
  そして親父(宮崎駿)はそれをどう思っているのか。

...ってなことが語られています。
正直うるっとしてしまいました。
ますます映画を見たくなりました。
原作も読んでみたくなりました。

親が偉大だとその子供は本当に大変だと思います。
(親がダメ人間でもそれはそれでたいへんだけどw)

最初宮崎駿は息子が映画に関わること自体反対だったそうです。
吾郎さんはもともと絵描きじゃなかったそうですね。

しかし息子である吾郎さんが監督することを認めさせた1枚の絵。

-きちんと観察さえできれば絵は誰でも描ける。-

絵を描くために必要なもの。
それは才能でも手先の器用さでもない。

  「観察力」

僕は絵描きじゃないけれど。
インスパイアされた瞬間でした。
ブログと似ている、と感じました。
ブログも結局必要なのは文章力ではなく、観察力だから。

絵を描いてみたくなりました。


広告



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

関連ページ



コメントを投稿