« 進級通知と成績表【1年】 | メイン | 評伝ミース・ファン・デル・ローエ【フランツ・シュルツ】 »

2008年3月 8日

多摩美卒制展

展示・イベント

tamabi_product_grad08.jpg


  多摩美術大学|卒業制作・修了制作展2008


多摩美の卒制展へ行ってきました。

...といっても僕の通う上野毛校のではなく、
八王子校の生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の卒業制作展です。
原宿のQUEST HALL3階。


上野毛の卒制展も行こうと思ってたんだけど、
運悪く体調崩してダウンしてしまい、結局行けず。

しかし同じ学校だけにちょくちょく情報は入ってくるので、
だいたいどんな感じかは分かっていたのですが、
それらの情報と比べると...


やはり八王子はスゴイ。


広告



上野毛のほうはちゃんとした展示で見ていないので、
見せ方によっても見栄えは変わってくるのだろうけど、
それにしてもすごいと思った。

木やガラス、繊維、金属などさまざまな素材を
さまざまな技術を使ってデザインを思う存分表現している。

どんなに学生の能力が高くても、
環境がしっかりしていないとここまでは到底できないと思う。
上野毛校の環境で果たしてここまでできるのだろうか。
この1年を振り返って見る限り、疑問を感じずにはいられなかった。


ただ残念だったのは、これだけすばらしい作品を
学生が積極的にアピールする姿勢が感じられなかったこと。
説明員がいるのかいないのか分からず、それらしき人はだいたい身内と
ぺちゃくちゃおしゃべりばかり。
やる気あんのかなと思いました。

どれだけ素晴らしいデザインでもそれを最終的に相手に伝えなければ
それはないのも同じ。最後のプレゼンが一番大事なはず。

まあそういう部分は社会に出ておいおい磨かれてゆくものなのかな。
ダイヤの原石、という意味では学生展ってこんなものなのでしょうか。


展示内容の素晴らしさにも関わらず説明員がそんな感じだったので、
会場を2,3周したにも関わらず20分ほどで見終わってしまいました。

...とはいっても内容はやはり魅力的なものばかりだったので、
作品のカタログは買って帰りました。

tamabi_product_grad08_cat.jpg

1,500円。
同じ多摩美生ということで無料でくれないものなのかな。

ホント私大ってがめつい。


次に表参道でやってる環境デザイン学科の卒制展へ行ってみたら、
初日は16:40でクローズでした。残念。
まあこの学科には縁がない、ということなのでしょう。


プロダクトデザインのほうは明日日曜まで、
環境デザインのほうは月曜まで開催されてます。
興味ある方はぜひ。
どちらも入場は無料です。
詳しい情報は最上部のリンクを参照してください。

この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

関連ページ



コメントを投稿