« PCの新しいカタチ | メイン | 多摩美術大学造形表現学部デザイン学科 »

2006年3月 5日

オラファー エリアソン 「影の光」【原美術館】

アート/ 展示・イベント

hara_museum.jpg


念願の原美術館へ初訪問。
家からバスで10分弱。こんなに近いところにあったのに。
つくづく無関心というのはコワイもんだと思います。

しかしスゴイ人。
オラファー エリアソン展最終日だからなのか、
はたまた原美術館はいつもこんなものなのか、
あきらかに定員キャパをはるかにオーバーして
人ごみにもまれながらの観覧。

そのせいか、観覧時には
「なんでこんな展示にこんなに人が集まるんだ?」
とイライラしながら鑑賞してしまい、正直集中できませんでした。

どんな名作でも観覧する環境によっては
その良さが伝わらないものだなと。

でも家に帰ってあらためて思い起こすと、
複雑な光の屈折、透過を計算しつくされたさまざまな
光の芸術、インスタレーション(...っていうの?)作品は
やはり幻想的で素晴らしいものでした。

今度行くなら(たぶん)空いてるだろう平日かな。
次はなにやるんだろ...



広告



会場内は撮影禁止なので、ネットから彼の作品を検索してみました。
(必ずしも展示作品、風景を表すものではありません)



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿