« spiral | メイン | ミース再考 その今日的意味【ケネス・フランプトン 、ディヴィット・スペース】 »

2010年6月 6日

ヨーロッパ建築案内

建築デザイン/ 読書

51XQSB9CQ5L__SL500_AA300_.jpg

この本をAmazonで買う


TOTO建築マップシリーズヨーロッパ編。

その第2巻を自由が丘のブックオフで見つけました。


今こういう本を買うことに意味はあるのだろうか。
この本は僕にとって本質的だろうか。
この本は僕のライフ・ライブラリーの一冊に値するだろうか。

...正直迷う部分もある。


しかし僕の感覚はこうも言っているのである。


  「次のステップで必ず必要になる本だ」


と。

本で学び、実物を訪れて学び、自分で創って学ぶ。



広告



lucerne_cultural_centre_lge.jpg
[ルツェルン文化・会議センター(スイス、ジャン・ヌーヴェル)]


正直今の僕には外国の建築物を訪れる余裕は全くない。

本で我慢するしかない、というならば、
建築マップなどではなく、作品集などを選ぶべきである。

僕は本の蒐集家ではないし、雑学王になりたいわけでもない。
僕が本を集めるのはあくまで学ぶためであり、いずれ創るためである。

そうであれば、建築マップはいずれそこを訪れるために用意するのである。

今行けないから、当分行けないから、という理由で手に入れないのであれば、
そういう本は、これからもずっと必要ないだろう。
逆に今この苦しい時期にあえて買おうと思う本は、
これからの自分の道になにかしら役に立つ本である。


いつかこの本を片手に訪れる。


とりあえずこの本を見て行きたくなったのは、
ルツェルン文化・会議センターかな。

あの巨大なキャンティレバー、巨大な庇を見てみたい。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

関連ページ



コメントを投稿