« ピエタ【ミケランジェロ】 | メイン | アポロンとダフネ【ベルニーニ】 »

2008年10月18日

聖テレジアの法悦【ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ】

アート

Rom,_Santa_Maria_della_Vittoria,_Die_Verzückung_der_Heiligen_Theresa_(Bernini).jpg
(出典:Wikipedia)


好きな彫刻シリーズ第三弾。
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの「聖テレジアの法悦」。
(ローマ、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会堂コルナロ礼拝堂)


バロック彫刻の最高傑作。

神に魅入られた聖女が浮かべる恍惚の表情。


絵画でも十分美しい光景なんだろうけど、
彫刻という三次元がこの作品をさらに神々しいものにしている。

聖女の聖衣のひだ。
聖女と天使に降り注ぐ光の矢。


究極のエクスタシーがここにある。



広告




この世界にはどれだけ美しいものが存在するのだろう。

どれだけ時が経っても美しいものは生まれ続けるのだろうか。
それが人間の可能性というものなのだろうか。


さらに美しいものを生み出すために僕らは過去を学ぶ。


温故知新。
学びて思わざれば、則ち罔(くら)し。
思いて学ばざれば、則ち殆(あや)うし。



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿