« 卒業制作テーマ発表 | メイン | 空間へ―根源へと遡行する思考【磯崎新】 »

2010年5月23日

「花」 ~ 神が創りし美しき造形 ~

アート

rose.jpg


つてあって、フラワーアレンジメントの展示を観にいってきました。

男の日常に「フラワーアレンジメント」なんて無縁なので、貴重な機会。

会場も女性ばかりでなんとなく居づらい雰囲気だったけど、
美しい色鮮やかな「花」を眺めるのは、男にとっても嬉しいもの。

元々「花」は色や匂いの艶やかさで虫や鳥たちの注意を引き、
花粉や種子を運んでもらうことで種を存続させるのが本来の役目。
種を存続させるための「艶やかさ」が、
人間の手にかかれば、逆に命取りになるという皮肉。
せめて花たちの哀しい運命を偲ぶ気持ちを忘れないでいたいもの。


それにしても花の構造って面白い。
神が創りし美しき造形。

美は人間が創りだすものではなく、神が創り出すものである。
すべての美は自然という偉大な書物に記されている。
人間ができることは、その書物から「見出す」ことのみ。



広告



会場にはバラがたくさんあったのだけど、
一輪の薔薇の花に目が釘付け。

一枚一枚の花弁の形といい、その花弁の重なり具合といい、色具合といい、

...完璧なバラとはこういうものなのかな、っていう気がした。


残念ながら会場は撮影禁止だったので、
ネットからキレイなバラを検索してきたのだけど、
やはり今回見たものには及ばない。


でもやっぱり美しい花は自然の中、太陽の光の下で出会いたい。

todoroki_pinkflower.jpg

todoroki_violetflower.jpg

todoroki_violetflower2.jpg

higan_todoroki_flower_pinky.jpg

todorokivalley_higanbana.jpg

いずれも等々力渓谷とその近傍にて撮影。


okinawa.jpg

沖縄のハイビスカス。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿