« アントニン・レーモンドの建築【三沢浩】 | メイン | ゴッホの「哀しみ」 »

2010年5月15日

ユーネックスナニナニ【フィリップ・スタルク+野沢誠】

建築デザイン

unhex_6.jpg


先日買ったギャラリー間の建築MAP

ぺらぺらめくっていると、「あ、これこの人の設計だったんだ~」というものが少なくない。

この「ユーネックス ナニナニ」もその一つ。
しかしなんなんだ、このネーミング。


目黒の東京都庭園美術館から目黒通りを地下鉄白金台駅へ向かう途中、
外苑西通りとの交差点を左側を見上げると見える奇妙な緑色の建物。

思わず近くまで行って写真を撮ってしまったのだけど、
まさかスタルクデザインのビルだったとは。



広告



unhex_1.jpg


近づいて眺めてみると、つくづく奇妙な形をしている。


unhex_2.jpg

unhex_3.jpg

unhex_4.jpg

unhex_5.jpg


見る角度によって見え方が全然違う。

構造的な面白さ、というより彫塑的な面白さ。
骨ではなく、肉を感じさせるボリューム。

造形としては面白いけど、中にスペースを孕む建築としてはどうなのだろう。


確かスタルクって引退宣言をしたよね。

引き際って大事だと思うけど、いくらこれまでの功績が大きくても、
デザインに失望した人のデザインに魅力はあるのだろうか...


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿