« Salud! ハバナ | メイン | バウハウス・デッサウ展【東京藝術大学大学美術館】 »

2008年7月15日

モード学園コクーンタワー【丹下都市建築設計|東京都新宿区】

建築デザイン

modecocoon_up2.jpg

modecocoon3.jpg


新宿に奇抜なビルが建っているというので
代々木のMobileArtを見たその足で見に行ってきました。
記事のアップがすっかり遅くなってしまいましたが...

新宿西口を出でバスロータリー、スバルビルの奥に
そのビルはひときわ目立つ外観でそびえ立っています。
まさに巨大なコクーン(まゆ)。

Wikipediaによれば、
モード学園のビルで設計は丹下都市建築設計、施工は清水建設。
まだ建設中で完成は今年の秋みたいですね。



広告



modecocoon.jpg

modecocoon_ball.jpg


夜のライトアップされた姿もなかなかキレイです。

規則的な菱形のラインと不規則なラインが入り交じったストラクチャが
独特の装飾を醸し出しているのですが、
リベスキンドやヘルツォーク&ド・ムーロンの建築と感じが似てなくもない。
こういうのが最近の流行なんでしょうかね。

不規則なラインのほうはシールとなっていて、
近くで見るとダサいという人もいますが僕はそれほど気になりませんでした。

気になったのは外観とロケーションの関係。
元来は新宿副都心というスクエアの超高層ビル群が建ち並ぶロケーションに
このような独特の外観は周囲とのバランスを考えるとあまり生きない気がします。


となりに建ってる損保ジャパン本社ビルのほうが美しく見えた。
shinjuku.jpg


周囲に高いビルのないエリアに建てばこの独特の外観がよりモニュメンタルに
なったのではないかと思うと少し残念です。


ちなみにモード学園は名古屋の駅前にも奇抜な高層ビルを建ててますよね。
mode_spiral1.jpg
モード学園スパイラルタワーズ

こちらは巨大なドリル。
設計は日建設計、施工は大林組。


【Information】


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿