« 瀬戸大橋記念公園【山本忠司ほか|香川県坂出市】 | メイン | 新旧の丹下建築が並び建つ香川県庁・外観編【丹下健三|香川県高松市】 »

2013年1月 8日

船の体育館・香川県立体育館【丹下健三|香川県高松市】

建築デザイン

kagawagym_modell.jpg

kagawagym_sideface4.jpg

香川県立体育館に行ってきました。

世界的建築家・丹下健三。
彼の数々の名建築の中でも自分が一番好きなのは、1964年に建てられた3つの建物。
彼の名を一躍世界に知らしめた国立代々木競技場東京カテドラル
そして今回レポートする香川県立体育館。

この3つの建築が好きな理由は、その有機性。
建築がただ箱を作るだけのものではないことを教えてくれる。
大海原に漕ぎ出す舟のような外観のその建物は、
空間効率はけっして良いとは言えないけれどここにいるだけでワクワクさせてくれる。

幸福とはただやみくもに効率化して便利さを追求することだけで
得られるものではないんだよね、きっと。


1/3にこんぴらさん参り瀬戸大橋記念公園に続いて高松入りして立ち寄りました。
この日はまだ正月休みで体育館の中に入れず、やむなく外観だけ撮影しました。
結局高松に一泊して翌4日から開館となったことで、中に入ることができました。
残念なことに耐震的に問題あるとかで、現在は3階のアリーナは使用できなくなっており、
一階のトレーニングルームやスタジオのみ利用されているようです。

坂倉準三設計の西条市体育館のように取り壊すことにならなきゃいいのですが。


※現在体育館は老朽化により閉鎖されており、中に入ることはできません。



広告



kagawagym_sideface3.jpg

大海原に漕ぎ出す舟のような外観。


遠くからでも実によく目立つ。


サイドからの眺めは大きな顔のようにも見えます。

kagawagym_sideface.jpg

kagawagym_sideface2.jpg

kagawagym_bigface1a.jpg


正面玄関。

kagawagym_facade.jpg

kagawagym_entrance.jpg

kagawagym_frontside.jpg

現在はこちらからは入場できなくなってます。


味のある受付も現在は物置になってるようです。

kagawagym_office.jpg

kagawagym_office2.jpg


ロビー。

kagawagym_lobby1a.jpg

kagawagym_lobby2.jpg

kagawagym_chair.jpg


インテリアデザインは剣持勇が担当。

ジグザグ形のデスク。

kagawagym_reception1a.jpg

kagawagym_receptiondesk.jpg

美しい...


丸型のベンチ。

kagawagym_circletable.jpg

作るの大変だろうなあ...


建物模型。

kagawagym_model.jpg


二階への階段。

kagawagym_stair1a.jpg

kagawagym_stair2.jpg

kagawagym_woodbench1a.jpg


二階通路。

kagawagym_path.jpg

二階は主に更衣室。


三階のアリーナ。

kagawagym_stadium1a.jpg

kagawagym_stadium2a.jpg

kagawagym_stadium3.jpg

kagawagym_stadium4.jpg

独特な空間ですな。
天井のトップライトからの自然採光がまたイイ。


耐震問題をクリアしてまたアリーナが活発に使われるようになることを切に願います。


【追記1】
結局、改修工事に多額の経費が必要なことや
競技施設としての機能が十分でないこと等から、
改修工事は見送られ、2014年9月末で閉館になってしまいました。


【追記2】
2023年に新しい体育館が高松サンポートにSANAAの設計で建てられることが決まったみたいです。
それはそれで嬉しいことなんですけど、丹下さんの旧体育館はどうなるのでしょう...


訪問日:2013年1月3日PM、1月4日AM、9月18日PM


【information】

上述の通り現在は閉鎖中につき、中に入ることはできません。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿