« えひめ生涯学習「夢まつり」 | メイン | KINO »

2013年12月13日

オケクラフト

地域おこし活動

okecraft_paintroom.jpg


木工で地域づくりに取り組むに当たり、
先進事例に学ぶべく、さまざまな木工による地域づくり先進地を訪れました。

その中でも一番最初に知り、最も行きたかった場所。
それが北海道の置戸町で展開しているオケクラフトでした。
しかし、遠方であることからなかなか行くことがかなわず、
地域おこし協力隊の任期終了間際になってようやく行くことができました。


今から30年前、公民館活動の一環としてオケクラフトはスタートしました。
木工の文化がほとんどなかったので、まずは木に関する本を集めることからはじめ、
その中に、工業デザイナーの秋岡芳夫氏に関するものが多かったことから、
秋岡氏に依頼して置戸に講演にきてもらい、地元の青年木工グループと交流を深めました。
その後秋岡氏の紹介により木工デザイナーである時松辰夫氏が地域に入り、
技術面での指南を受けながら置戸町での木工活動がスタートしました。
「オケクラフト」という名前も秋岡氏による命名です。

特筆すべきなのは、オケクラフトの推進が「生産教育」という概念を元に、
教育委員会主導で行われていること。木工職人を育てるための環境を用意し、
内外より人材を招き入れ、モノづくりに関する教育を施し、
自立していくまでのサポートを行っています。

さらにオケクラフトの活動を継続的なものとするための経済活動を民に委ね、
官の部分でできること(教育)、民の部分でできること(経済活動)を把握し、
官民の連携がきっちりと取れていることが素晴らしい。

そしてなにより勇気づけられたのは、
オケクラフトがはじまった状況が、今の遊子川とよく似ているということ。

それは取りも直さずユスモクの将来性を信じさせてくれるものでもあります。




広告




僕がオケクラフトを知ったきっかけ。

okecraft_anabook.jpg

僕が遊子川に来て間もないころ、
地元の道の駅を運営する会社の社長さんが教えてくれたのが、
ANAの機内誌に掲載されていたオケクラフトの特集記事でした。


秋岡芳夫展の図録。

okecraft_akiokabook.jpg

「モノへの思想と関係のデザイン」
まだ「モノ」のデザインが全盛の時代、
デザインを関係=コミュニケーションへの活用に目を向けていた。

単なる「カタチ」ではなく、カタチに宿る「思想」を良いものとしてこそ、
本当に良いモノづくりができる。


シンプルで美しいオケクラフトのデザイン。

okecraft_dish1.jpg

okecraft_dish2.jpg

okecraft_cutlery2.jpg

okecraft_cutlery1.jpg


オケクラフトを展開する置戸町は、北海道のほぼ中央部にあります。
女満別空港からまずはバスで北見まで1時間、
北見からバスを乗り換えてさらに2時間ほどで置戸に到着します。

北海道でも比較的雪が少ない地方みたいですが、それでもやはり愛媛と比べると雪国。

oketo_snowscene.jpg

そして寒い。


オケクラフトの拠点、オケクラフトセンター森林工芸館。

okecraft_center.jpg

教育の場所であり、生産の場所であり、交流の場所であり、販売の場所でもある。


まずは事務所にてスタッフの方に説明をしていただく。

okecraft_meeting.jpg


オケクラフトの出発点。

okecraft_startpoint.jpg


公民館の分室活動として出発。

okecraft_communitycenter.jpg


現在の工房。

okecraft_factory.jpg


木工旋盤(ろくろ)。

okecraft_lathe.jpg

時松氏が独自に開発したもの。
通常はツメやネジで木を固定しますが、これはバキュームで木を吸いつけて固定します。
材料を傷つけないですむの良さそうです。


乾燥室も備えてます。

okecraft_dryroom.jpg


店舗部分。

okecraft_shop1.jpg

okecraft_shop2.jpg


木のチキン。

okecraft_woodchicken.jpg


2階にはオケクラフト30年の作品を展示したギャラリーがあります。

okecraft_woodglass.jpg

良いデザインは時を超越する。


このテーブルもイイ。

okecraft_table.jpg

単に形が美しいだけでなく、広さによって天板の大きさを変えられるスグレモノ。


今回は時間の都合上訪れることができなかった生涯学習情報センター。

okecraft_library.jpg

いわゆる図書館です。
オケクラフト初期、木に関する本を集めて回ったオケクラフトの原点が詰まった場所。


置戸町中心街。

oketo_centertown.jpg

開拓地・北海道らしいすっきりとしたモダンな町並み。
馬路村のように地域全体を木質化するようなことはしてないみたいです。


なぜかワイヤーで作った動物が目につく。

oketo_wireanimal1.jpg

oketo_wireanimal2.jpg


この辺のいたるところに見られるのが白樺。

oketo_shirakaba.jpg

僕のような南から来た人間には、とてもキレイで価値あるものに見えるのですが、
現地の人にしてみれば、白樺は十数種ある樺の中でも最低ランクのものだとか。
意外ですが、この辺ではどこにでもあるものだからめずらしくもないんですね。

スギやヒノキは自生北限より北にあるため、この辺にはないそうです。
そのかわりに多いのがエゾマツやカラマツなどの松。
その松も最近は数が減ってるそうです。


それにしても、こういう視察に行くたびに自分の木に関する知識の無さを思い知らされる。

まだまだ学ばなきゃ。

コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg