« ユスモク・親子木工体験 | メイン | オケクラフト »

2013年12月10日

えひめ生涯学習「夢まつり」

地域おこし活動

yumematsuri_1.jpg


11月最後の週末。

松山はひめぎんホールで開催されたえひめ生涯学習「夢まつり」にて、
ユスモクの木工体験を実施しました。

基本的には、奥伊予ふるさと祭りでやった木工体験と同じ内容、
フォトフレーム作りと本棚作りを都会部で実施しました。

最初は材料代くらいは、とふるさと祭りの時と同じ値段で参加費を設定してましたが、
フタを開けてみると、周囲の出展者が無料もしくは低価格としていたこともあって、
最初は全然客が来ず。

やむなくフォトフレームだけでも参加費を無料にした途端、
人がどんどん来るようになりました。


木工に対して、趣味のレベルからもう一ランク上の意識を持ってもらいたい。
そこがなかなか難しい。




広告




生涯学習に関する一大イベント、それが「夢まつり」。

yumematsuri_2.jpg

今回はじめて参加しましたが、かなりににぎわいでした。


子どもからお年寄りまで、幅広く木工体験を楽しんでくれました。

yumematsuri_3.jpg

yumematsuri_4.jpg


木の板に草木をデコレーションしてできあがる様々なフォトフレーム。

yumematsuri_5.jpg

作る人の個性が出ますね〜。


無料としたこともあって、フォトフレームの方は終了1時間前には
用意した50セットすべてがはけてしまいました。
一方本棚の方は、委託ということもあって有料のまま、
作る手間などもあってか、なかなかさばけず。


生涯学習のイベントなので、利益重視とするわけにもいかないのですが、
モノを作るのに必要な「コスト」を意識してもらうのも、
大事な学習と思うわけですが、なかなか難しいものがあります。

要はかけたコストに対する商品価値をユーザが感じていない、
需要と供給のバランスがとれていない、というのが木工の現状なのでしょうか。
あらためて木工ビジネスの難しさを痛感したイベントでした。

木工の魅力の生かし方についてはまだまだ研究の余地がありそうです。

コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg