« シェアトーク「日本の田舎について」 | メイン | 今年の反省2013 »

2013年12月16日

ユスモク・クラブ第8回

地域おこし活動

yc8posters.jpg


ユスモク・クラブ第8回。
今年最後のワークショップです。

今回は砥部町で家具の制作やリフォームを手がける株式会社LINK WOOD DESIGN代表、
井上大輔氏に来ていただきました。

木材塗装が強み、ということで木材塗装のノウハウを
実際の木工作を楽しみながら学びました。

塗装、というとただ色づけをするだけが目的のように思われますが、
木はナマモノ。
反ったり割れたり、腐ったりと工業製品としてはなかなか取り扱い材料でもあります。
その特性を一定に保ち、また木材を保護するために、という目的もあります。

僕自身は木目も木の魅力として積極的に表現に使っていきたいと考えていますが、
長く大切に使ってもらうためには、
何も塗らない、という選択を簡単にしてしまうわけにもいかない。

木目の良さを引き立てるような塗料、塗装を学びたい。




広告




今回はクリスマスツリー状にカットされた木に色づけして、
オリジナルのクリスマスツリーを作ります!

yc8_scene.jpg


先生が作ったサンプル。

yc8_sample.jpg


まずはどのようなツリーを作りたいか、ドローイング。

yc8_drawing2.jpg

yc8_drawing.jpg


マスキングテープで色を塗り分けしていきます。

yc8_masking.jpg


塗料は保護するためのベース剤に色をつける顔料を混ぜて調合していきます。

yc8_penki.jpg

現在は人工化合物であるウレタンを使ったものが主流のようです。
環境に配慮した自然塗料もありますが、保護効果はやはりウレタン系には及ばないとか。


ハケで丁寧に塗っていきます。

yc8_painting.jpg


今回はハケ塗りでしたが、参考までに、とエアガンも持ってきてくれました。

yc8_spray.jpg

水で操作感を体験。


十人十色のツリーができあがりました!

yc8_works.jpg

yc8_memorial.jpg


今回は塗料という液体を扱うこともあり、その準備も後片付けも大変だったことと思います。
それでも愚痴一つ言わずに笑顔で対応してくれた井上さんに本当に感謝!です。

来年も木工を楽しく感じてもらうためのワークショップを企画していきます!

コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg