« ユスモク・クラブ第1回 | メイン | ユスモク・クラブ第3回 »

2013年9月 2日

ユスモク・クラブ第2回

地域おこし活動

yusumokuclub_2nd.jpg


ユスモク・クラブ第2回。

今回は伊予市のクラフトの里で玩具を中心とした木工品の製作販売や木工教室を開催している、
木遊舎の槙野賢治氏を講師に招いてポストづくりに挑戦しました。

部材はあらかじめプレカットされたキットを木遊舎さんで用意いただき、
釘を打って部材を接合していくといったオーソドックスな組立作業を中心とした内容でした。
とくに目新しいものではないですが、
「自分で何かを作る」という行為自体が少なくなっている現代社会においては、
「作る」という行為を再確認するには良い機会かな、と。

木工教室の依頼時に、木工所の現状を話していたら、
木工教室がはじまる二時間前に木工所に来ていただき、
木工機械の使い方等の指導もしていただきました。
とても気さくで熱心な方で、良い先生に恵まれました。
感謝。




広告




熱心に、モクモクと作業に打ち込む参加者のみなさん。

yusumokuclub2_working.jpg

前回より参加人数も若干増えて、しかも宇和町からの参加者もいらっしゃいました!
少しずつではありますが、発展的に展開しているのではないでしょうか。


完成したポスト。

yusumokuclub2_post1.jpg

僕は木の質感を大事にしたかったので何も塗らず。


でもまあ、色を塗っても良い感じ。

yusumokuclub2_post2.jpg

yusumokuclub2_post3.jpg

同じ形であっても作る人それぞれの個性が出てオモシロイ。


最後に全員で記念写真。

yusumokuclub2_all.jpg

自分が一生懸命に作ったものだから。
きっと大事に使っていただけることでしょう。


第3回目も槙野氏をお迎えして、木工機械の使い方講座を開催します。

乞うご期待。

コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg