« クリーン作戦&三世代交流 | メイン | 地域マネジメントスキル修得講座【第9回】 »

2012年12月16日

ユスモク立体看板

地域おこし活動

yusumoku3d_1.jpg


ユスモクの立体看板を作りました。

これまでの制作で出た端材の山をみて、
これでなにか作れないかな、と思ったのが事の発端でした。

そう思っているうちに、何気なくFacebookを見ていたら、
山で獲れた鹿の頭骨の引き取り手を探す旨の記事を見つけて、
「これだ!」と思って、すぐさまほしい旨のコメントをしたところ、
無事この頭骨をいただくことができたのでした。


ユスモクのロゴには鹿の頭をあしらっています。
これは遊子川で鹿が獲れるからではなく、
遊子川に伝わる七鹿踊りで使われる鹿の面をあしらったものです。

端材で「ユスモク」の文字を作り、その横に鹿の頭骨を置けば、
ユスモクをアピールする良いオブジェ、立体看板ができるかなあ、と。




広告




頭骨を手に入れた直後、嬉しくてついかぶっちゃいました。

deerbone1.jpg

鹿男あをによし。


頭骨を前から眺む。

yusumoku3d_3.jpg


頭骨を後ろから眺む。

yusumoku3d_4.jpg


比較的簡単な構図ですが、けっこう手間がかかりました。

yusumoku3d_2.jpg


やっぱりこういう一品物を作るのって楽しい。
実用性云々を考えず、見た目の面白さを最優先したものを作るのって楽しい。

こういうものばっかり作ってるわけにもいかないけれど、
時にはこういう作る楽しさを実感させていくものを作ることも大切なんだなあ。



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg