« 泉貨紙 | メイン | 大洲和紙会館 »

2012年11月25日

シルク博物館

地域おこし活動 / 遊子川周辺

silkmuseum_cocoon.jpg


木は固い。
その固い木と対峙する柔らかい素材と合わせることで、
ソリッドでシャープでありながら、オーガニックでもある。

そういうモノが作りたいなあ、と素材探し。

城川町が木材の町ならば、おとなりの野村町は和紙・シルクの町。
まずは和紙を求めて和紙工房へおじゃました後、
シルク博物館へ。


かつては盛んだった養蚕農家も今ではもう数えるほど。
皇室に献上するほどの高品質のシルクを作りながらも、
安価に、安易にという方向へ向かったマスプロダクトの波に押し流されて、
古き良きものは消えゆこうとしている。

本当に大切なモノはなんなのか。
それを本気で考えなければ、この先も我々は次々と大切なものを失っていくだろう。



広告




シルク博物館外観。

silkmuseum_facade.jpg

野村から宇和へ向かう道路沿いにあるので、
もう何度となくこの前を通りがかっているのだけど、
ここにきて、ようやく中に入ることに。
近くても遠い存在。
周囲を見回せばそのようなものがいくらでもある。


両端が展示室で中央がエントランスロビー・ミュージアムショップになってます。

silkmuseum_entrance.jpg


ロビーでははた織り教室をやってました。

silkmuseum_oldsewingmachine.jpg


展示室1では企画展で世界の絣を展示。

silkmuseum_hall1.jpg


展示室2は常設展。

silkmuseum_hall2.jpg

シルクだけに繭型の楕円状ホールはなかなか良い空間。


皇室に献上したシルク。

silkmuseum_whitesilk.jpg

silkmuseum_whitesilk_up.jpg


相撲が盛んなこの地域では、化粧まわしにも絹が使われてたんですねえ。

silkmuseum_keshomawashi.jpg


様々な繭。

silkmuseum_cocoons.jpg

繭にも色々あるんですねえ。


シルク産業そのものはもちろん衰退してしまったけれど、
もっと良くないのは、このミュージアム自体もはや衰退しつつあること。
連休中日だというのに、ほぼガラ空き状態。
かろうじてはた織り教室で人が多少入っている程度。
せっかくの良い空間がもったいない。


売店では様々な絹製品が販売されてましたが、
さすがに無地のシルク布は売ってませんでした。
まあ、買えたとしてもさすがにシルクは高いだろうなあ。


でもシルクの照明、ってけっこういいと思うんだけどなあ。
どこかで無地のシルク布、安く買えないかなあ...



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg