« 四国の地域おこし協力隊交流勉強会 | メイン | ユスモク中間報告 »

2012年9月 7日

トマト勉強会

地域おこし活動 / 遊子川周辺

kumakogen_tomato.jpg


遊子川もりあげ隊では、遊子川の特産品開発に取り組みます。

地域づくりにおける特産品開発はどのように位置づけられるのだろうか。
一言で言えば、開発した商品を売ることにより、地域を経済的に活性化すること。
では、お金が地域に入れば、地域は自動的に元気になるのだろうか?

社会の基盤を経済においている以上、お金は確かに重要です。
しかし、金を得ること以上に、どのようにして稼ぎ、稼いだお金をどのように使うのか、
さらに言えば、特産品を売ることで、どのように地域が活性化するのか、
どのように地域住民が地域に対して誇りを取り戻すのか。
これらの問いに対する明確なイメージを計画した上で、
商品を売って資金を獲得し、そのイメージを現実のカタチとして実現してはじめて、
特産品開発により地域が活性化できたと言えるのではないでしょうか。

ただ「売れる商品」を考えることが特産品づくりではない、と思います。
「地域が誇れる商品」を考えることが本当の特産品づくりではないでしょうか。
そのような商品ができれば、地域は自立的に商品を売ることを考える。
そこから本当の活性化がはじまる。

繰り返しますが、地域内へ潤沢な金を得る行為が地域活性化ではない。
地域が自立して活動するための資金を自力で得ようとする行為が地域活性化なのである。
行政の役割はそのための仕組みづくりをサポートすることではないでしょうか。


まずは遊子川の主要産物の一つであるトマトに着目し、トマト加工商品を研究します。
遊子川のトマト農家を中心とした人たちが立ち上がりました。

まずは現状把握のために、商品開発に興味のあるメンバーで久万高原町へ視察に行ってきました。




広告




まず午前中は久万高原農業指導班へ。
良い商品作りには、まず良い原材料作りから、ってことですね。

kumakogen_agritest_plate.jpg


担当者の方の話に熱心に耳を傾けます。

kumakogen_agritest_watch.jpg


ネギの試験栽培。

kumakogen_agritest_leek.jpg


そしてトマト。

kumakogen_agritest_tomatoflower.jpg


鳥獣被害対策の実験も。

kumakogen_agritest_guardcage.jpg


そばの蕎麦畑は一面花。

kumakogen_agritest_buckwheat1.jpg

kumakogen_agritest_buckwheat2.jpg

kumakogen_agritest_buckwheat3.jpg

kumakogen_agritest_buckwheat4.jpg

けっこう見た目もイイもんだなあ。


午後はトマトの加工をしている株式会社FFTさんへ。

kumakogen_fft_house.jpg

元々は林業の会社で、社長の奥さんのトマト愛からトマトの加工がはじまったとか。


「赤の元気」というトマトジュースが主力製品。

kumakogen_fft_redpower.jpg

kumakogen_fft_tomatojuce.jpg


トマト入りのスナック菓子も作ってます。

kumakogen_fft_snack.jpg


担当責任者の方の話に熱心に耳を傾けます。

kumakogen_fft_explain.jpg


木のトマト。

kumakogen_fft_woodtomato.jpg


規模的には遊子川でやろうとしているものに近く、
いろいろと参考になる点が多かったように思います。
参加者のみなさんも熱心に質問を投げかけていました。

加工所の整備にそれなりの投資と準備が必要となりますが、
結局一番必要なのは勇気と覚悟のような気がしました。
その勇気と覚悟を決めるためのコンセプトが必要。


トマトソフトクリームを求めてやすらぎの宿「でんこ」へ。

kumakogen_denko.jpg


フクロウが暖かく出迎えてくれます。

kumakogen_denko_owl.jpg


しかし残念ながら品切れで、その代わりにトマトジェラート。

kumakogen_denko_tomatoice.jpg

これがけっこう美味い!
帰りしなにレシピを聞いてみたのですが、トマト以外は企業秘密で教えてもらえませんでしたw


やはりこういう視察に出かけると、メンバーの士気が高まります。
知識を学ぶ以上にこういう士気の高まりが大切なような気がします。

ゆっくり、少しずつだけど、前に向かっている。
すでに地域は活性化している。

...そう思えることが重要なのではないでしょうか。



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg