« 坂石 | メイン | 坊っちゃん劇場公演「幕末ガール」 »

2012年6月10日

雨包山ガイド(素案)

地域おこし活動

amatsutsumiyamaguide00.jpg


はじまりは「雨包山への登山道の写真が欲しい」という依頼からでした。

遊子川に来て一年ちょっととはいえ、すでに何度となく足を運んでいる自分にしてみれば、
迷うことなんて考えられないのですが、ほとんど足を運んだことのない人にすれば、
やはり不安なようです。
過去にも迷った、という苦情の電話が公民館に来たこともあります。


どうせなら、ということでこの際、雨包山の魅力を紹介したガイドを作ろうと思いました。

このガイドに何を載せれば良いのかはもっか思案中ですが、
まずは依頼のあった登山道のガイドを中心に素案を作ってみました。

イメージを形にする。
昔はその「形」が確固とした現実世界に定着させることができるまで、
そのイメージを関係者以外に公開することはなかった。
イメージを形にして社会に定着させるまでのノウハウは経済的価値があったから。

しかしデジタル技術の進化と共に、イメージそのものを社会に定着させることが可能になると、
イメージを形にする行為が軽視されるようになった。
いわゆるハードウェアに対するソフトウェア優先志向である。


その良し悪しを議論する気はないけれど、僕自身はその傾向があまり好きじゃない。
なぜだろう。
たぶん重力から離れて動きまわることに強い抵抗感があるのだろう。

ハードウェアの価値再興への挑戦。
それが今の僕のオープン・ソースならぬ「オープン・イメージ」思考の根幹になってる気がする。


設計段階でイメージを公開し、広く是非を問う。

...イメージから「形」への構築で勝負だ。




広告




amatsutsumiyamaguide01.jpg

amatsutsumiyamaguide02.jpg

amatsutsumiyamaguide03.jpg

amatsutsumiyamaguide04.jpg

amatsutsumiyamaguide05.jpg

amatsutsumiyamaguide06.jpg

amatsutsumiyamaguide07.jpg

amatsutsumiyamaguide08.jpg

amatsutsumiyamaguide09.jpg

amatsutsumiyamaguide10.jpg

amatsutsumiyamaguide11.jpg

amatsutsumiyamaguide12.jpg

amatsutsumiyamaguide13.jpg


雨包山は遊子川の最大の魅力のように僕には感じる。
しかし、エベレストでも富士山でもない、どこにでもあるような山である。
しかし、世の中すべてのものが「どこにでもありそうで、どこにもない」ものなのだ。

一目で「世界にここしかない」と分かる場所は一見、インパクトは強い。
しかし、その多くは一生をかけて自分が過ごす場所ではない。


どこにでもありそうな場所で、どこにもないものを探すこと。
そういう冒険が案外楽しかったりするんじゃないだろうか。



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg