« 2012年度遊子川カレンダー | メイン | 地域防災マップ »

2012年3月20日

遊子川アピールポスター配布版

地域おこし活動

yusukawaposter2s.jpg


カレンダーと同じく、去年の年末に軽いノリで作った遊子川アピールポスター

最初はオフィスプリンターで印刷したA3版を公民館前に貼っていましたが、
あれよあれよという間に、二種類A2版を100枚ずつする運びになりました。
枚数が枚数だけに、予算をかけて業者に印刷を発注して、
紙もすこしばかり良いものを使うことにしました。

図柄はテスト版の4種類の中から公民館主事さんと話しあって、
夏バージョンと秋バージョンを選択。
紙の大きさを変える以外は基本的にテスト版と同じデザインにしました。


最初は合計で200枚もの紙をさばけるのかな、なんて思っていましたが、
さすが行政のネットワーク。
あとは行動力ある公民館主事さんのおかげで、気づけば7割くらいはさばけてました。


遊子川に集客するのではなく、
遊子川の存在を、遊子川の魅力を、遊子川のしている地域づくりを、
さりげなくアピールするものを作ったつもりですが、

さて、どのように受け止められることやら。




広告




yusukawaposter1s.jpg


夏版はお寺での楽念仏での一風景、秋版は樽滝の紅葉を取り上げました。

いずれも僕が撮影したものです。

身近な反応はだいたい「きれいな写真やね〜」か「シンプルなデザインやね〜」。

いずれも褒め言葉と捉えていますw

魅力とは分かりやすいものであり、説明のいらないものです。
遊子川の魅力を分かりやすい形で伝える。
地域活性化はまだはじまったばかりだけど、いいところだよ、と。
これからもっと良くなるよ、と。

それを地域の内外に伝えたいのです。


posterfinished.jpg


来年度はそのイメージを立体的な媒体で伝えていきたい。
空間表現で伝えていきたい。



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg