« 京ひな 【酒六酒造株式会社】 | メイン | 目安箱 »

2011年7月28日

愛媛県庁

地域おこし活動 / 遊子川周辺

matsuyama_kencho2.jpg


県費補助事業のプレゼンで、松山の愛媛県庁に行ってきました。

松山は赴任直前に訪れて以来、3ヶ月ぶり。
城川から車で松山に行くのははじめて。

R197から内子へ向かい、内子からはR56を北上して松山へ。
下道だとやはり2時間はかかる。


県行政の中心となる建物は、それはそれは重厚な佇まいでした。
設計者は木子七郎という建築家らしい。
セカチューのロケ地でもあったみたいですね。
事前予約すれば無料で職員の方が案内してくれるみたいです。

...今度申し込んでみようかな。




広告




matsuyama_kencho1.jpg
[プレゼンはこちらの建物ではなく...]

matsuyama_kencho3.jpg
[こちらの建物の広い会議室で。]


僕はプレゼン資料のパワーポイント操作要員として行ったのですが、
いざ会場に行ってみると、発表者のそばにPCが置いてあって、
発表者が一人でPCを操作しながら発表できる状況だったので、
文字通り応援隊としてプレゼンが無事成功するようそばで祈ってました^^;

事前に何度も練習した甲斐あって、
ちょっとしたトラブルに見舞われながらも無事発表を終了し、
その後の質疑応答にも(発表者が)そつなくこなし、プレゼンは無事終了。
無事補助金をゲットできるといいのですが。

久々の松山でしたが、今回はお仕事で、ということで
街中はおろか県庁内もゆっくり散策するまもなく、
写真を撮るまもなく(この記事の写真は赴任前の訪問時のもの)、
およそ10分のプレゼンのために片道2時間かけて移動し、
1日がかりの予定でありました。


ムダをとことん削ぎ落とし、極限まで効率化を求める都会の感覚で眺めると、
田舎ではとかく「ムダ」が目立ちます。

ただ、それを頭ごなしに悪、と決めつけるのはいかがなものだろうか。
そのムダを無くすことが、効率化することが地域活性化の本質なのだろうか。

...僕はちがうとおもう。

逆にそれは都会がもたらした悪を持ち込むことにほかならないとさえ思う。
都会はあまりにも効率化を求めるあまり、本来の目的を忘れ、
本来持っておくべき「情緒」までも削ぎ落としていくようになった。

...過ぎたるは及ばざるが如し。


ムダの中にも楽しみを見つける。
そんな前向きな姿勢と工夫の積み重ねがどのような場所であれ、
豊かにしていくのではないでしょうか。

移動する車から窓外の深い緑を眺めつつ、ふとそんなことを考えたひととき。



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg