« 夏越祭 | メイン | 愛媛県庁 »

2011年7月26日

京ひな 【酒六酒造株式会社】

地域おこし活動

kyohina_screenshot.png


  京ひな 酒六酒造株式会社


内子にいる友人の会社のホームページの改変を手伝っていました。


正確には東京時代の友人なのですが、
その友人の奥さんの実家が内子で酒蔵を営んでいて、その酒蔵のホームページ。
デザインはすでにある程度決まっていて、ページもだいたい出来上がっていて、
ページの追加やレイアウトの小変更などを頼まれました。

すでにできあがっているものをいじるのは、
一からデザインするのに比べて、一見簡単そうに見えて、実は大変。
逆に一からデザインするほうが自分の好きなようにできるわけで。

紆余曲折ありましたが...


無事正式リリースとなりました。




広告




uchiko_taru.jpg


実は下戸です。

そしてそれがこちらに来て一番の苦労の種でもあります。
仲良くなるには飲まなきゃはじまらない、という風習が田舎ではいまだに根強い。


お酒の味はほとんどわからず、ビールを美味いと思ったことは、
これまでの人生の中で一度もないわけですが、
日本酒だけは、良いものであれば時折美味い、と思うことがあります。

京ひなはまだ飲んだことはないのですが、
内子ではけっこう老舗で有名な酒蔵だそうです。

ちなみに遊子川のある城川にも城川郷という酒蔵があります。
愛媛はけっこう名酒の産地でもあるのかな。
まあ米処は酒処、ということでしょうか。


一滴も口にせず「下戸だから」と断るわけにもいかず、
飲む前に胃薬を飲みながらも、毎回頭痛・吐き気と格闘しております。

やれるだけやって、それでもダメなら自分も周囲も納得してくれるでしょう。


下戸ではありますが、酒宴の席は嫌いではありません。
東京でもそれなりに飲みに行く機会はありました。
ただ、東京では「飲めない」とひとこと断れば、無理に飲まされることもなく、
それでも楽しく会話を楽しんでいました。

お酒は飲めるか飲めないか、ではなく、
楽しく会話できるかどうか。

そこに酒宴の醍醐味があるのではないでしょうか。



コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg