« ツルアジサイ!、ヤマアジサイ! | メイン | ジャスフォー。 »

2011年7月13日

水生生物調査

地域おこし活動 / 遊子川の資料

yusukawa_watercheck.jpg


水生生物調査なるものに参加させてもらいました。

小学生を対象に行うものなのですが、
小学校そばを流れる遊子川の水脈、野井川に生息する水生生物を採取して調査することで、
川がどれだけキレイか、を調べるのが主目的。

キレイなところに住む虫、汚いところに住む虫を確認することで、
川のキレイさを確認するわけです。

水生生物の専門家の先生の指導の元、
川で水生生物を採取、その後教室にて、採取した生物たちを観察します。


地域環境の調査、ということで、
遊子川地域活性化プロジェクトチーム「遊子川もりあげ隊」環境部のお仕事でもあります。


...でも正直虫って苦手^^;




広告




yusukawa_watercheck_river.jpg


まずは川に入って生物採取。
虫たちはだいたい川底の石の裏などにいるので、
これを金網にてすくいあげます。

yusukawa_watercheck_zaru.jpg


金網にいる水生生物をピンセットで水に浸した皿に移します。

yusukawa_watercheck_whitecase.jpg


小一時間ほど採取作業の後、教室に戻って観察。

yusukawa_watercheck_cancer.jpg

子どもたちにも人気のカニ。
分かりやすいですもんね。


小さいながら魚だって採れちゃいます。

yusukawa_watercheck_fish.jpg


オタマジャクシだって。

yusukawa_watercheck_frogren.jpg

通常オタマジャクシは田んぼなどの水たまりにいるもので、
川にいるのは珍しいのだとか。


今回の主役は、カニでも魚でもオタマジャクシでもなく、さらに小さい虫たち。

yusukawa_watercheck_insect.jpg

名前はど忘れしてしまいました^^;


さらに顕微鏡で微細に観察。

yusukawa_watercheck_microscope.jpg

けっこうグロい...^^;


しかし先生曰く、この野井川をはじめとして城川の清流はどれもキレイとのこと。
まさしく田舎の清流、ですな。

貴重な自然資源として、守っていかなければならない遊子川の財産やけん。


コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg