« 龍澤寺緑地公園 | メイン | 美生柑 »

2011年5月27日

よりみちクラブ

地域おこし活動

yorimichi1.jpg


遊子川には小学校が一つあります。

生徒数は10名。
一学年で10名、なのではありません。
一年生から六年生まで、全部で10名なのです。
ちなみに遊子川内に中学校、高校はありません。

...いかに遊子川が過疎地域、限界集落であるかが伺えます。


公民館では月に2,3回、学校が早く終わる日の午後、
小学生たちを集めて「よりみちクラブ」なるプログラムを実施しています。
内容は紙芝居だったり、ゲームだったり、工作だったり。
いわゆる放課後教育、学外教育の一環みたいなものです。


今回、一応美大卒、ということで工作教室を任されることになりました。
子供は嫌いじゃないですが、普段接していないので、どう接してよいか迷います。
ちょっとドキドキ。

そんな先生の心配をよそに、子供たちは元気いっぱい。


...やっぱり元気が一番。
子供たちはそれを教えてくれます。



広告




yorimichi2.jpg


いくら美大卒、といっても、いきなり一からプログラムを考えるのは難しいので、
あらかじめ、公民館職員さんがある程度の内容を用意してくれました。

子供向けの工作絵本の中から、題材を一つピックアップ。


  「牛乳パックでつくる動物けん玉」


牛乳パックを加工して、けん玉を作ります。
ただのけん玉では面白みがないので、動物の顔を模したものにします。


2日前、工作絵本を見ながら試作したお手本。

milkpack_kendama.jpg

象さん顔のけん玉。


簡単な自己紹介の後、いよいよ工作開始。
それぞれ思い思いの動物たちを描いて、はさみやのりを使って組み立てていきます。
何とか時間内に全員作り上げた、と思ったら、さっそく全員走り回って大はしゃぎ。

...「作る喜び」を感じてもらえただろうか。


できないものはできるところから持ってくる。
現代社会はあまりにも効率を優先し、作業を細分化した。
エネルギーが膨大で、その流れが激しい都会では特にその傾向が顕著だ。

その結果、人間は社会としてより多くのことができるようになった一方で、
個人は「工夫する喜び」「問題を解決する能力」を見失ってはいまいか。

「生きる楽しみ」は他人から与えられるものではない。
自分で見つけるものだ。
おもちゃは大人が買い与えるものではない。
自分で作るものだ。

多感な子供時代にそのことが学べれば、どれほど成長できることか。


...次はもっと創意工夫を凝らそう。

コメントする

ブログを書いている人

檜垣忠雄(ひがきただお)
aikiboy
広島県出身、呉工業高等専門学校電気工学科卒、ソニー株式会社でエンジニアとして14年間勤務、 その後多摩美術大学造形表現学部(上野毛キャンパス)デザイン学科に入学。 空間デザインを中心に学び、自然の一員としての人間の感覚や「ものをつくる」という人間の豊かさに気づく。 卒業後、愛媛県西予市地域おこし協力隊に着任。城川町遊子川地区の地域活性化活動に携わっています。 将来はデザインを活用した木工作家を目指します!

コメントはお気軽に! 個別に問い合わせたい方は下の問い合わせバナーよりお気軽にどうぞ!

このブログについて


デザインのお仕事募集中。

リンク

Powered by Movable Type 5.2.2

最近の写真

  • yusumokuevent1.jpg
  • display6_smalls.jpg
  • display2s.jpg
  • display1s.jpg
  • poster_Bs.jpg
  • reportcover_s.jpg
  • endgift.jpg
  • satoyamaism.jpg
  • motani.jpg
  • ecpr36th_seminar.jpg