« プレデザイン day-12. | メイン | PIPILOTTI RIST:KARAKARA【原美術館】 »

2008年2月 7日

プレデザイン Final-day.

学業

プレデザイン最終日。
今日はこれまでのワークショップの総実践です。

まずはチーム決め。
昨夜考えてきた話したい内容を付箋紙に書き出してリストアップ。
同じようなテーマ、共感するテーマに投票してチーム決め。

幸いにして僕の考えてきたテーマに同調してくれる人も3人いて、
4人組のちょうど良い人数でチームを組めました。


これまでのワークショップの成果が生かせる。
これまでの人生で学んだことを生かせる。

...そう思ったのに。



広告



僕の話したい内容は、

  「心地よい」コミュニケーションってどういうことだろう?
  「心地よい」デザインってどういうことだろう?
  そしてそれらを実践するにはどうしたらよいのだろう?

というものでした。

僕としてはテーマのごとく心地よい会話がしたかった。
でも会話に熱が入ってしまうとついエゴが突っ走る。

最後のほうはもやもやしたまま終わってしまいました。
正直自分のデザインに対する考え方が少し揺らぎました。
...ちょっと落ち込みました。


しかし。
家に帰って「鹿男あをによし」を見てたら少し気が晴れました。

原研哉氏が「デザインのデザイン」で言っていた、

  むしろ知っていたはずのものを未知なるものとして、
  そのリアリティにおののいてみることが、
  何かをもう少し深く認識することに繋がる。

という言葉をもう少し信じてみたいと思います。


僕が何者で、何がしたくて、何ができるのか。
それはまだ分からないけど。

今日のところはこれまでの人生について大きな復習ができた。
...ということに満足したいと思います。

コミュニケーションってこんなに大切なのに、
コミュニケーションってこんなに難しいのに
なぜコミュニケーション大賞とか、ノーベルコミュニケーション賞とか、
賞がないんだろう。
みんなコミュニケーションは大切だって言いながら
コミュニケーションは地味に評価される。
不思議だ。


先生方、一緒に勉強したみなさん、ありがとうございました。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿