« 残軀は天の赦す所・天赦園【愛媛県宇和島市】 | メイン | 超大作《スラヴ叙事詩》全20作チェコ国外世界初公開・ミュシャ展【国立新美術館】 »

2017年3月31日

動物いっぱい愛いっぱい・愛媛県立とべ動物園【愛媛県砥部町】

空間デザイン/ 環境デザイン

tobezoo_lion2.jpg

tobezoo_giraffe2.jpg

tobezoo_elephant2.jpg


愛媛県砥部町にあるとべ動物園に行ってきました。

子どもの時分はともかく、大人になってからは動物園という場所にはほとんど行かなくなった。
それが今回、この場所に行く気になったのは、
仕事の都合でちょっとした休暇がとれることになり、
この際だから近場で行ったことのないところに行っておきたい、と思っていたところに
久々に再会した知り合いがこの動物園に勤めているのを知ったことだった。


正直、動物を檻の中に閉じ込めて見世物にする動物園という場所はあまり好きじゃない。

しかし、食わず嫌いは良くない。
これは動物園という空間の存在意義について今一度考えてみる良い機会なのだ。



広告



とべ動物園の前身は昭和28年に設立された道後動物園です。
かつては松山の道後温泉の近くにあったんですね...
松山の発展とともに動物園としての維持・拡張が難しくなり、
昭和63年に現在の県総合運動公園内に移転し、とべ動物園がスタート。
動物園の引っ越しはたいへんだったみたいですね...


動物園全体図。
tobezoo_map.jpg

最下部の方に正面入口があって、地域別・種別の10のエリアを巡ります。
意外と広かった!


正面ゲート。
tobezoo_gate.jpg

ほとんど人が写ってませんが春休みというのもあってか、中はけっこう混雑してました。


ゲート前には今はもう絶滅種となってしまったニホンカワウソの銅像。

tobezoo_nihonkawauso.jpg

かつて道後動物園にいたそうです。


以下順路に沿ってエリア毎にお気に入りのアニマルを紹介していきます。


【スネークハウス】

夜行性が多いせいか、大半はピクリともせず。

tobezoo_snake.jpg
[ニシキヘビ]

tobezoo_crocodile.jpg
[メガネカイマン]

tobezoo_zogame.jpg
[ゾウガメ]

tobezoo_iguana.jpg
[グリーンイグアナ]


【ウォーターストリート】

一本足で立っていないフラミンゴ。
tobezoo_framingo.jpg


気持ちよさそうにひなたぼっこのカピバラ。
tobezoo_capybara.jpg


上を向くフンボルトペンギン。
tobezoo_penguin.jpg


下を向くフンボルトペンギン。
tobezoo_penguin3.jpg


大勢のフンボルトの中に一匹だけ老いたオウサマペンギンがいます。
tobezoo_penguin2.jpg

ちょうど餌やりの時間でしたが、
年老いたペンギンたちは水中の魚を泳いで食べることができず、
陸の上で飼育員の手から直に餌をもらってました。
つまり自然界ではもう生きられない年齢を彼らは生きている。
囚われであることを条件に人間の庇護下で。
それは彼らにとって幸せなことだろうか。


【アメリカストリート】

アンデス高地に住む、ラクダ科の動物、ラマ。
tobezoo_lama.jpg


同じくアンデスに住むアンデスコンドル。
tobezoo_condor.jpg

デカイ!猛禽類の中では最大だそうです。


クマタカ。
tobezoo_mountainhawkeagle.jpg

アメリカストリートにいますが、実際は国内に広く生息しています。
ただし絶滅の恐れがあり、国内希少野生動物に指定されています。


ピューマ。
tobezoo_puma.jpg

ヒョウやチータに比べると脚が太い。


【アフリカストリート】

百獣の王、ライオン。
tobezoo_lion.jpg

夫婦なのかな。
のんびり幸せそうにひなたぼっこしてました。


三日月刀の角が特徴的なシロオリックス。
tobezoo_scimitaroryx.jpg


シマシマのシマウマ。
tobezoo_zebra.jpg


長ーい首のキリン。
tobezoo_giraffe.jpg


カバ。
tobezoo_hippopotamus.jpg


クロサイ。
tobezoo_rhinoceros.jpg


サーバルキャット。
tobezoo_serval.jpg


【ゾウストリート】

長ーい鼻のゾウ。
tobezoo_elephant.jpg


ゾウの骨格。
tobezoo_elephant_bone.jpg


【モンキータウン】

悲しげな瞳のオランウータン。
tobezoo_orangutun.jpg


シシオザル。
tobezoo_liontailedmacaque.jpg

尻尾がライオンのそれと似ていることが名前の由来ですが、
顔もライオンぽいです。


モヒカンヘアのクロザル。
tobezoo_celebesmacaque.jpg


喉から胸にかけての白い毛が特徴的なダイアナモンキー。
tobezoo_dianamonkey.jpg


「見てる・聞いてる・言ってる」ボンネットモンキー。
tobezoo_monkey2.jpg


【オーストラリアストリート】

セクシーなカンガルー。
tobezoo_kangaroo.jpg

エミューやヒクイドリは鳥インフルエンザの関係で見ることできず。


【アジアストリート】

他のサルたちが檻の中なのに対し、サル山が与えられているニホンザル。
tobezoo_monkey.jpg

圧倒的に数が多いからなんだろうけど。


サバクの舟、ヒトコブラクダ。
tobezoo_camel.jpg

コブの中はエネルギー源となる脂肪。


マレーバク。
tobezoo_malayantapir.jpg


【リトルワールド】

レッサーパンダ。
tobezoo_lesserpanda.jpg


ニュージーランド原産のヒツジ、コリデール。
tobezoo_sheep.jpg


【ベアストリート】

冬の王者、ホッキョクグマ。
tobezoo_whitebear.jpg


海の色男、カリフォルニアアシカ。
tobezoo_sealion.jpg

ハーレムをつくります。


アシカ舎の上に一本足でじっと立つ鳥。
tobezoo_bird.jpg

園内を自由に飛んでいる、ってことは野生なの?


いくつか動画も撮りました。

右往左往するホッキョクグマ。

右往左往その一。シロクマ篇。 #愛媛 #砥部町 #アニマル #シロクマ #右往左往 #動物園 #zoo #animal

Tadao Higakiさん(@tadaoh73)がシェアした投稿 -



右往左往するヒョウ。

右往左往その二。ヒョウ篇。 #愛媛 #砥部町 #アニマル #ヒョウ柄 #右往左往 #動物園 #zoo #animal

Tadao Higakiさん(@tadaoh73)がシェアした投稿 -



右往左往するトラ。



ノシノシ歩くピューマ。

意外と貫禄ある歩き。ピューマ篇 #ピューマ #puma #猛獣 #animal #zoo #動物園 #砥部町 #愛媛 #四国

Tadao Higakiさん(@tadaoh73)がシェアした投稿 -



ゆっくり泳ぐフンボルトペンギン。



動いてる動物はたいてい神経質そうに同じところを行ったり来たり。

子どもの時分であれば、そういう姿を見て楽しいのだろうけど、
人生も半分を過ぎた人間には、その姿は動物たち本来の姿ではなく、
動物たちにとって一番幸せな待遇でないことは一目瞭然だ。
一番幸せなのは大自然の中で生きることである。
たとえ生きるか死ぬかの緊張感の連続で、ある日一瞬でその生命が奪われるとしても、
それが彼らの本来の生き方である。
決して人間に飼いならされるために生が与えられるのではない。


しかし、再会した知り合いの話を聞いて、
子どもたちへの教育の場所という動物園の存在意義をあらためて再認識した。
自分も子ども時代に動物園に行って動物の生態を楽しみながら学んだ。

しかし、
だからといって動物を檻の中に閉じ込めておくことが全面的に正しいことにはならない。
人間社会において、人間が勝手に正当だと決めつけているだけで、
自然界全体で見れば、人間が動物たちにしていることは罪悪だ。
今すぐ世界のすべての動物園をなくせとは言わないけれど、
まずはこの罪の意識を持つことが大事だと思う。

学ぶために動物を捕獲するというのなら、人間は学び続けなければならない。
人間と動物たちのよりよい関係について追求できるのは、
今のところ人間しかいないのだから。
決して今の動物園の状況を良しとするのではなく、
より良い動物園の姿について、模索し続けなければならない。
これは動物園の運営者や飼育者だけではなく、
動物園を利用するすべての人間が考えなければならない命題である。


動物園には動物がいっぱいである。
そして動物園には愛がいっぱいある。
それは愛がいっぱいだから動物園の動物が幸せ、ということではなく、
動物たちから本来の生き方を奪う、という罪を犯すことで
人間は動物たちから愛をもらっているのだ。
だから人間もそのぶん動物たちに愛を与えなければならない。

だから動物園には愛がいっぱいある。

やっぱり行ってよかった、動物園。


【Information】オフィシャルサイト

開園時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)

休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開園)、12/29〜1/1

入園料:大人500円、高校生・65歳以上200円、小中学生100円、小学生未満無料

駐車場料金:普通車300円


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿