« 自然とともにある城・宇和島城【愛媛県宇和島市】 | メイン | 動物いっぱい愛いっぱい・愛媛県立とべ動物園【愛媛県砥部町】 »

2017年3月22日

残軀は天の赦す所・天赦園【愛媛県宇和島市】

空間デザイン

tenshaen_stonesign.jpg

馬上に少年過ぎ
世は平にして白髪多し
残軀は天の赦す所
楽しまずんば是を如何せん
(伊達政宗)

馬に乗って戦場を駆けた若かりし頃は過ぎ、
太平の世となり、自分の髪の毛もすっかり白くなってしまった。
戦禍を生き延びることができたのも、天が自分を赦してくれたからであろう。
ならば余生を楽しまなくてどうするか。


宇和島城に続いて愛媛県宇和島市の天赦園に行ってきました。
宇和島藩の七代藩主・伊達宗紀(むねただ、号:春山[しゅんげん])が1866年につくった隠居所です。
池泉回遊式庭園であり、昭和43年に「名勝」の国指定を受けました。
「天赦園」という名前は伊達政宗公が隠居に際し群臣たちに示した述懐の漢詩に由来します。

宇和島へは2014年に一年間、職業訓練校にほぼ毎日通いました。
天赦園のそばも何度も通ったけれど、結局中へ入ることは一度もなかった。
近くにあっても意識できないものってたくさんあるんだな。



広告



tenshaen_sign.jpg


園内マップ。
tenshaen_map.jpg


入場口。
tenshaen_gate.jpg

この門の前までは何度か来たことがあって、
中は民家の庭程度の規模なのかな、と勝手に思っていたのですが、
いざ中にはいってみると、一万平米を越える広大な敷地にびっくり。


入口そばの桜...じゃなくてアンズなのかな。
tenshaen_sakura.jpg


潜渕館(せんえんかん)
tenshaen_senentei.jpg

書院式の茶室。
残念ながら中へは入れません。


池のそばに建つ書屋・春雨亭。
tenshaen_harusametei2.jpg

tenshaen_harusametei.jpg

tenshaen_chashitsu.jpg

釘が一本も使われていない建物だそうですが、こちらも残念ながら中へは入れず。


池泉回遊式庭園の見事な眺望。
tenshaen_pond.jpg

tenshaen_pond2.jpg

tenshaen_kurotake.jpg


蓬莱島。
tenshaen_houraijima.jpg


池の鯉。
tenshaen_carp.jpg

例によって餌付けされており、人影に反応して異常な勢いで寄ってくる様はちょっと怖い;;
鯉だけでなく、でっかいナマズも混じってました。


一番の見所の白玉上り玉藤。

来月上旬には極楽浄土の花が満開らしいのだけど・・・ #愛媛県 #南予 #宇和島 #日本庭園 #橋

Tadao Higakiさん(@tadaoh73)がシェアした投稿 -



まだ時期尚早でした。
tenshaen_shiratamafuji.jpg

見頃は四月上旬とじょことですが、蕾はまだまだ小さい。
tenshaen_fuji.jpg

本当にあと半月ほどで咲くのかな...


蘇方竹(スホウチク)。
tenshaen_suhouchiku.jpg

伊達家の家紋「竹に雀」にちなみ、園内には19種類の竹や笹が植えられています。


石灯籠。
tenshaen_tourou.jpg


えびす岩。
tenshaen_tsukubai.jpg

烏帽子形の手水石と、文字彫石の組み合わせ。
烏帽子の形は人為ではなく、自然造形だそうです。


露地。
tenshaen_roji.jpg

tenshaen_roji2.jpg


起きた牛の横顔の「起牛石」。
tenshaen_kigyuseki.jpg

このほかに牛が寝そべっている姿の「臥牛石」もあります。


石碑。
tenshaen_stoneplate.jpg


枯川。
tenshaen_karekawa.jpg

時の流れを表現しているのだとか。


東屋。
tenshaen_azumaya.jpg


懐かしいポスト。
tenshaen_post.jpg


【Information】オフィシャルサイト(宇和島市観光協会)

アクセス:JR宇和島駅から徒歩20分

入場料:大人300円、中学生100円、小学生50円



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿