« アトリエときデザイン研究所【大分県由布市】 | メイン | 土佐くろしお鉄道中村駅【nextstations|高知県四万十市】 »

2013年3月25日

ニシアワー・森の学校【岡山県西粟倉村】

空間デザイン/ プロダクトデザイン

nishihour_fs_rinovel.jpg
[リノベるショールーム]

nishihour_fs_logo.jpg


木工先進地視察で岡山県西粟倉村へ行ってきました。
宇和町で古民家再生での地域づくりに取り組んでおられる方、
八幡浜で製材業を営んでおられる方と三人で。

西粟倉村の取り組みはFacebook、ホームページで知ったのですが、
まずはそのホームページの美しさ、センスの良さに惹きつけられました。

さぞかしセンスの良いデザイナーが専属で頑張っているのかなあ、
と勝手に思ってたのですが実際訪れてみるとちょっと状況は違ってました。

西粟倉村では2008年に百年の森構想を打ち出しました。
現在50年生の西粟倉の森を50年先を見据えた森づくりを目指そう。
その構想の元に、西粟倉村行政と森林組合、
それと活動を推進するコンサル会社の三者協働により
西粟倉村の新しい森づくりがスタートしました。

事業は良い森づくりを行なうための「百年の森林創造事業」と、
経済活動、都会へのアピールをしていくための「森の学校事業」の
二本立てで進められました。
その森の学校事業を進める組織が株式会社「森の学校」です。
廃校跡を整備してショップやカフェ、ショールーム、イベント会場などを設置し、
活動の拠点としています。

かつて西粟倉村にも近隣市町村との合併話が持ち上がっていたそうですが、
最終的には2004年に合併協議から離脱しました。

この選択が良かったのだと僕は思います。
下手に地域組織を大きなものとせず、動きやすくまとまりやすいスケールとしたことで、
山林を地域資源として再活用していく、というひとつの大きな目標に向かうことができた。

Small Scale, Large Depth.

ネットワークは広げるためのものだけじゃない。
深く繋がるためのものでもある。



広告



森の学校正面。

nishihour_fs_facade.jpg


玄関。

nishihour_fs_entrance.jpg


学校マップ。

nishihour_fs_map.jpg


玄関そばの水槽も木枠。

nishihour_fs_watertunk.jpg


懐かしい雰囲気の廊下。

nishihour_fs_path.jpg


玄関そばのショップには様々な木製品が。

木のネクタイ。

nishihour_fs_tie.jpg

実にユニーク。着こなす自信はないけど...


桜の箸置き。

nishihour_fs_sakurahashioki.jpg


木と石のコラボ、「kishikoro」。

nishihour_fs_kishikoro.jpg


間伐材の有効活用で作られた割り箸で間伐体験「カンバシ」。

nishihour_fs_kanbashi.jpg


下駄の歯が動物の足跡になっている「ashiato」。

nishihour_fs_ashiato.jpg


動物の立体パズル「エコウッズ」。

nishihour_fs_ecowoods.jpg


地元栽培の三椏(みつまた)で漉いた紙を使った行灯。

nishihour_fs_andon.jpg


意外だったのは森の学校自体は専属のデザイナーや職人は抱えず、
企画、ディレクションのみだということ。
そこが僕の中ではちょっと引っかかりました。


カフェ。

nishihour_fs_cafe.jpg

いい感じのテーブル。

nishihour_fs_table.jpg


夜はここで地元食材をふんだんに使った食事をいただきました。

nishihour_fs_dinner.jpg

地元の米を使ったおむすび、野菜料理、イノシシのぼたん鍋などなど。


昼は鹿肉のカレー。

nishihour_fs_lunch.jpg

このあたりは鹿もかなりいて、鳥獣被害も深刻だとか。


木育コーナー。

nishihour_fs_kidsroom.jpg


50cm四方の木のタイル「ユカハリ」。

nishihour_fs_woodtile.jpg

お手軽にフローリングができるわけですが、
従来よりあったじゅうたんタイプのウッドカーペットをタイル状にしたものですね。
より柔軟なレイアウトに対応できるわけで、柔軟な発想が柔軟なスタイルを生む。


体育館には巨大な木組みが。

nishihour_fs_hall.jpg

住宅の骨組みと木の遊具。


広い空間を利用して家一軒分の骨組みを展示しちゃうところがスゴイ。

nishihour_fs_housebone.jpg


木のカウンターキッチンもなかなか良い雰囲気。

nishihour_fs_kitchen.jpg


体育館の前面壁。

nishihour_fs_hallwall.jpg

こういう立体的な表現のテクスチャもなかなか良いなあ。
こういうのも活かせていけたら。


トイレの洗面所。

nishihour_fs_toilet.jpg

木のアクセントを入れるだけでも良い雰囲気になる。


あわくら温泉駅の目の前にある二棟のモデルハウス。

nishihour_fs_modelhouse.jpg


森林組合の事業所。

nishihour_forestunion.jpg

見事な木質の建物なんだけど、ちょっと「隙」がない気がします。
例えば森の学校のトイレみたいな。
洗面台も含めてトータルリニューアルしちゃうと、木の魅力が活きない気がします。
あえて古ぼけた洗面台とかけ合わせることで木が良く見える。


森林組合の木材集荷場の近くには、ユカハリや割り箸の加工場があります。

nishihour_fs_factory.jpg

木の伐採から加工・販売までの一連の流れを地域で一貫して行なう。
地域ぐるみで行なう六次産業ですね。

モノを扱うにはエネルギーが要る。
膨大な量のエネルギーが。
それは個人レベルで扱えるシロモノではない。
それゆえどうしても大きなスケールでの組織体が必要となる。
しかし組織が大きくなると、最初の志とでもいうべき大事なものが見えなくなってしまう。
スピードや効率が求められるようになり、
できないことがあると安易に第三者に依存するようになる。
そして工夫の面白さを忘れてゆく。
そこにモノづくりへのジレンマがある。

世界は広いから面白いのではなく、深いから面白いのだ。
それさえ分かれば狭い世界でも十分人生を満喫できると思うんだけどな。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿