« 耕三寺博物館2・中上段【広島県尾道市・生口島】 | メイン | 地域別に見るバロック芸術の多様性 »

2016年12月30日

耕三寺博物館3・千仏洞/未来心の丘/金剛館【広島県尾道市・生口島】

空間デザイン/ アート

kosanji_miraishin.jpg


「お寺とミュージアム」がテーマの今回の遠出、
広島県福山市の神勝寺に続いて、尾道市のしまなみ海道上の島・生口島の耕三寺にやってきました。

耕三寺は大阪で事業を営んでいた金本福松(後の耕三寺耕三)氏が1927年(昭和2年)に、
母のために故郷に隠居所(潮聲閣)を建てたのが元々のはじまりで、
母親の死後の1935年(昭和10年)、母への報恩感謝の意を込めて自ら僧籍に入り、
菩提寺として生涯を掛けて建立した浄土真宗本願寺派の寺院です。

周囲に何もない瀬戸田の土地に誇れる文化を、という熱意も相まって、
境内には日本各地の古建築を模した15棟の国登録有形文化財の建物に加えて、
仏像・書画・茶道具などの美術コレクションを境内の僧宝蔵と法宝蔵及び分館・金剛館に展示、
さらに本堂の地下には仏教の地獄観・極楽浄土観を表現した千仏洞、
本堂の奥にはイタリアで活躍する日本人彫刻家・杭谷一東氏による彫刻庭園「未来心の丘」など、
境内全体を博物館施設とした「耕三寺博物館」となっています。


さて、下段中段・上段と上がってきた後は、本堂の地下に広がる千仏洞と、
本堂の奥にある未来心の丘を巡った後、最後は下段山門まで降りてきて、
道路を挟んだ先にある分館・金剛館を紹介していきます。

耕三寺はあくまでお寺なので、その本分は本堂を中心とした寺社建築にあるわけですが、
それだけなら積み重ねた歴史が浅いぶん、古来からの寺社群には勝てない。
寺社の領域を越えたところにあるこれらののスポットがあればこそ、
耕三寺独自のアイデンティティが誕生し、魅力的な空間を生み出しているのではないだろうか。



広告




千仏洞入口。
kosanji_senbutsudou_gate.jpg

昭和30年に起工、昭和39年に完成、とじつに10年の歳月をかけて創られた地下洞窟。
本堂西側至心殿横にある入口から入り、八角円堂の地下から救世観音大尊像そばの出口まで、
地下15メートル、全長350メートルに及ぶ隧道となっています。

kosanji_senbutsudo2.jpg

kosanji_senbutsudo3.jpg

kosanji_senbutsudo1.jpg


前半が地獄編、後半が浄土編という構成。

kosanji_senbutudo_hellpicture.jpg

kosanji_senbutsudo4.jpg

途中3箇所において高さ10メートル、広さ数十平方メートルになる洞室が展開。

kosanji_senbutsudo5.jpg

kosanji_senbutsudo6.jpg

kosanji_senbutsudo7.jpg

kosanji_senbutsudo8.jpg

kosanji_senbutsudo9.jpg

まさに千体もの仏が縦横無尽に広がるさまは圧巻。


続いて未来心の丘。

kosanji_miraishin_entrance.jpg

広島県世羅町出身の彫刻家・杭谷一東氏による広さ5000平方メートルにも及ぶ大理石の庭。
彫刻作品と自然景観との融合を目指した「環境彫刻」は
あたかも氷の世界に迷い込んだような錯覚に陥る一方で、
瀬戸田の海のブルーに自然と溶け込んでもいる。


「そよ風の路」
kosanji_miraishin_soyokazeroad.jpg

kosanji_miraishin_soyokazeroad2.jpg


「天猫」
kosanji_miraishin_tenbyou.jpg


「未来からの炎」
kosanji_miraishin_futurefire2.jpg

kosanji_miraishin_futurefire.jpg


「光明の塔」
kosanji_miraishin_koumei2.jpg

kosanji_miraishin_koumei4.jpg

kosanji_miraishin_koumei5.jpg

kosanji_miraishin_koumei3.jpg

kosanji_miraishin_koumei.jpg


「風の四季」
kosanji_miraishin_windseason.jpg


カフェ・クオーレ
kosanji_miraishin_cafecuore.jpg

kosanji_miraishin_caffeteria.jpg


「亀玉の舞台」
kosanji_miraishin_turtleplate.jpg


氷の世界を抜け出して、麓のスタート地点まで戻ってきて。

分館・金剛館
kosanji_kongokan.jpg

耕三師が蒐集したコレクションが展示されています。

鳳凰門。
kosanji_kongokan_hououmon.jpg


宝冠阿弥陀如来坐像。
kosanji_kongokan_hokanamidanyorai.jpg


阿弥陀如来立像。
kosanji_kongokan_amidanyorai.jpg


新生加奈「母へ」。
kosanji_kongokan_tomother.jpg


開山住職・耕三寺耕三。
kosanji_kosanjikozo.jpg


【Information】オフィシャルサイト

アクセス:しまなみ海道生口島南IC・生口島北ICよりそれぞれ車で13分

開館時間:9:00〜17:00(潮聲閣は10:00〜16:00)

休館日:年中無休

入館料:大人1400円、大学生1000円、高校生800円、65歳以上1200円、中学生以下無料
    ※潮聲閣は別途入館料200円が必要(大人・子供とも)

※注意!:本来は仏に祈りを捧げる神聖な場所です。
    宗教に対する真摯な気持ちを持ち、節度ある行動を心がけましょう。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿