« 特別名勝・岡山後楽園【岡山県岡山市】 | メイン | 日本画山脈 再生と革新〜逆襲の最前線【八幡浜市民ギャラリー】 »

2018年5月29日

比翼入母屋造の本殿を持つ吉備津神社【岡山県岡山市】

建築デザイン/ 空間デザイン

kibitsu_honden_side2.jpg

【訪問日:2017年10月31日】


前回の記事にて、ブログ再開宣言したものの、
なかなか気持ちが切り替わらず半年が経過。

...亀の歩みでの再開です。


岡山旅行記、後楽園を後にして最後は岡山市街地のはずれにある、吉備津神社へ。

お目当ては国宝の比翼入母屋造の本殿。



広告



吉備津神社は大吉備津彦大神を主祭神とする山陽道屈指の大社です。
大吉備津彦大神は桃太郎伝説のモデルとなった武神でもあります。
創建時期や創建者については定かではありませんが、
現在の本殿・拝殿は二度の大火による焼失を経て、
室町時代に25年の歳月をかけて再建されたものがその姿を今に残しています。

広大な敷地を持つ吉備津神社ですが、その入口からはその広さは見えてこない。

kibitsu_sanmon.jpg
[北随神門]


山門を登った先に現れる拝殿。

kibitsu_haiden.jpg

なんかすごく圧迫感を感じる空間。


横に回り込むことでようやく全体像を見えてくる本殿。

kibitsu_honden_side.jpg

拝殿・本殿とも国宝にしてされています。
比翼入母屋造の本殿に平入の拝殿が接続しています。
なんとも不思議な造りですが、
これだけ巨大な建造物が重苦しく感じず、むしろ軽快な浮遊感すらするのは、
白漆喰の土台のせいだろうか。

kibitsu_honden_foundation.jpg


拝殿・本殿の奥に広がる広大な敷地。

kibitsu_path.jpg


【Information】オフィシャルサイト


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿