« 札幌一番 | メイン | これからの道 »

2011年3月26日

北海道の海と山と湖

空間デザイン

hokkaido_yoichi_sea.jpg
[余市の海]
hokkaido_yoteizan2.jpg
[羊蹄山]


その昔。

北海道はスキーでしか来たことがなかった。
パウダースノーを堪能できる、GWまで滑れる、という魅力以外、
とくに北海道の文化というものについて考えたことがなかった。

北海道に限らず、その頃は地域性というものを意識したことがなかった。
出発地点から到着地点に向かうその途中課程は、
とにかく最短で済ませたい時間だった。
瞬間移動が可能ならば、なくても良い時間だと考えていた。

今思うと、なんと人生をもったいなく消費していたのだろうと思う。


今回の北海道訪問はあくまで仕事の面接が目的だけれど、
そのための移動であっても、移動は移動。

移動は変化だ。
人間は変化を楽しむ動物である。

人生の楽しみとは、ゼロから作り出したり、
遠くにあるものを見つけに行くことだけではなく、
自分の身近にあるものの中から、いかにたくさんの楽しみを見出すか、
ということがまず根底にありきだと思う。

身近にある楽しみを見出すために、人は遠くへ旅する。
「青い鳥」を見つけるために。



広告



プロローグ: 飛行機からの空の眺め。

skyhigh.jpg

飛行機の座席はやっぱ窓際だよね。
たとえ一時間半という短いフライトであっても、
変化する窓外を見続けられるか、
殺風景な機内風景を見続けなければならないか、とでは天と地の差がある。

昼は生の地形図を俯瞰したり、雲の流れを眺めたり、
夜は夜で夜景を眺める楽しみがある。


さて、今回の旅程はレンタカーで札幌を出発してニセコまで。
節約のため、ドライブを楽しむため、高速は使わず、下道で。
山道は凍結が怖かったので、小樽経由でできるだけ平坦な道を走る。

途中小樽を散策したい気もしたけど、
一応仕事の面接に向かってるわけなので、我慢して素通り。

しかし晴れた空、海沿いを走っていて、
余市からいよいよ海を離れて内陸に入る、というところで、
やはり何枚かスナップを撮りたく、途中下車。

hokkaido_yoichi_sea3.jpg

hokkaido_yoichi_sea2.jpg


ニセコには約束の時間の二時間前に到着。

ニセコ駅。
hokkaido_niseko_station.jpg


駅前にはこんな立派な温泉が。
hokkaido_niseko_spring.jpg

hokkaido_niseko_spring2.jpg

面接に備えてここでしっかりリラックス^^Y


ニセコ大橋。
hokkaido_niseko_yellowbridge1.jpg

hokkaido_niseko_yellowbridge2.jpg


この橋を渡って、ニセコアンヌプリスキー場麓へ。

hokkaido_niseko_skimountain.jpg

hokkaido_niseko_skiarea.jpg

懐かしい...
よく滑ったなあこの辺り。


ニセコといえば羊蹄山。
蝦夷富士と呼ばれるほどの美しい山ですが、
この日はあいにく頂上付近に雲がかかって全容が見えず。

hokkaido_yoteizan1.jpg


ルスツ山もこれまた美しい。

hokkaido_rusutsumountain.jpg


サイロのある牧場。
hokkaido_silo.jpg


支笏湖の夕日。
hokkaido_shikotsuko_sunset2.jpg

hokkaido_shikotsuko_sunset1.jpg

hokkaido_shikotsuko_sunset3.jpg

hokkaido_shikotsuko_sunset4.jpg

hokkaido_shikotsuko_bridge.jpg


無事空港に到着して、レンタカーを返却。
ガソリン代は三千円くらい。

空港ロビーに展示してあった飛行機。
chitoseairport_airplane.jpg

chitoseairport_airplane2.jpg

飛ぶのかな、これ...


旅の締めはかに飯で。
hokkaido_airport_kanimeshi.jpg


次に北海道に来れるのはいつだろう。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿