« 開かずの可動橋・勝鬨橋【東京都中央区】 | メイン | 第19回多摩美術大学上野毛デザイン展...開催直前! »

2011年2月15日

特別名勝/特別史跡・東京都浜離宮恩賜庭園【東京都中央区】

空間デザイン

hamarikyu_gate_up.jpg

hamarikyu_gate.jpg


築地本願寺から勝鬨橋を経由して汐留方面へ。

パナソニックミュージアムの白井晟一展を見ようかな、と。

途中、浜離宮恩賜庭園を通りかかる。

築地、汐留、浜離宮恩賜庭園。
けっこうご近所なんだね。


浜離宮恩賜庭園へは一度門の前まで行ったけれど。
まだ中に入ったことはなかった。
せっかく天気も良いことだし。
一度は歩いておきたい。

...というわけで行ってきました。
入場料300円。



広告



812px-Hamarikyu_Garden_as_seen_from_Shiodome.jpg
全景(出典:Wikipedia)


ここは元々は江戸時代、将軍家の鷹狩りの場だったところ。
東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ「潮入りの回遊式築山泉水庭」。
第一京浜・首都高に隣接しており、あまり良い立地とはいえないのではないでしょうか。

中はけっこう広い。
ただ、庭園としてのまとまりが少し欠けているように思えた。
桂離宮毛越寺には今一歩及ばない。
庭園というよりは公園としての色が強い気がする。


見事な松。
hamarikyu_pinetree.jpg


周囲のビル群と緑との組み合わせが、なんとも言えない美景となっている。

hamarikyu_pinetree2.jpg

hamarikyu_moat.jpg

樹木と菜の花。
hamarikyu_tree.jpg

hamarikyu_tree2.jpg

梅と菜の花。
hamarikyu_ume2.jpg

菜の花畑。
hamarikyu_rapeblossom.jpg

菜の花とビル群。
hamarikyu_rapeblossom2.jpg


潮入の池。

hamarikyu_pond.jpg

hamarikyu_tree3.jpg

hamarikyu_pond2.jpg

hamarikyu_pond4.jpg

hamarikyu_pond5.jpg

hamarikyu_pond6.jpg

松の御茶屋。
hamarikyu_matsunochaya.jpg

中島の茶屋。
hamarikyu_nakashimanochaya.jpg


ここは昔は鴨猟の場=「鴨場」でもあったそうです。

hamarikyu_kamoba.jpg

hamarikyu_pond3.jpg

hamarikyu_bird2.jpg

カモがたくさんいるのはその名残でしょうか...
しかしカモって、海水混じりの水で生息できるのでしょうか?


こちらはカモじゃないと思いますが...
hamarikyu_bird.jpg


【information】

アクセス:
 <大手門口>
 都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分
 JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」(G08・A10)下車 徒歩12分
 
 <中の御門口>
 都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10番出口 徒歩5分
 JR「浜松町」下車 徒歩15分
 水上バス(日の出桟橋─浅草)
 東京水辺ライン(両国・お台場行)「浜離宮発着場」下船

入園料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生無料

駐車場:最寄りの公共駐車場をご利用ください。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメント [1]

ここには明治期に「延遼館」と呼ばれる迎賓館が建てられたそうですが、
おおよそ20年あまりで老朽化のため解体されました。

舛添元都知事の肝いりで2020年のオリンピックに向けて復元計画が持ち上がっていますが、
知事退任によりその雲行きが怪しくなってきました。
復元には30〜40億円かかると言われており、すでに調査等で数億円が使われているそうですが...

コメントを投稿

コメントを表示する前にブログオーナーによる承認が必要になります。
サイトポリシーに著しく反するコメントは拒否する場合があります。
承認されるまではコメントは表示されません。その場合はしばらくお待ちください。