瀬戸内国際芸術祭2016【小豆島】

アート / 展示・イベント

setogei16_shodoshima077_7.jpg


瀬戸内国際芸術祭2016、小豆島編。

去年は坂手地区しか行けなかったので、今回は島を一周したいな、と。
海側がメインだったので、今回はまずは山の中から行きたいな、と。

6:50高松発のフェリーで池田港に上陸、8:01のバスで土庄港へ。
ここで瀬戸内国際芸術祭線に乗り継いで9時前に肥土山地区の入口・常盤橋に到着。
まずはインフォメーションでチケットをパスポートに交換しているうちに
展示開始の9時に。
なかなか良いタイムスケジュールだ。

しかし炎天下でのウォーキングは大変だった〜!
雨に振られるよりは全然いいけど...


"瀬戸内国際芸術祭2016【小豆島】"の全文を読む »

2016年8月26日

瀬戸内国際芸術祭2016【概要・高松編】

アート / 展示・イベント

setogei16_liminalair1.jpg


待ちに待った瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。

チケットは春会期がはじまる前に購入していたのですが、
新しい仕事に就いたこともあり、残念ながら春会期には訪れることはできず、
夏会期になってようやく訪れることができました。

前回は秋会期に二度訪れたのですが、今回は夏会期に1回、秋会期に2回、
いずれも1泊2日の日程で行きたいと考えています。


前回の心残りはなんといっても小豆島。
坂手港エリアしか行けなかった上にあいにくの雨天。

というわけで、今回はまず1日目に小豆島、
2日目は直島に新しくできた二つの建築作品を中心に見て回りました。


それぞれの島の様子は別記事でご紹介するとして、
本記事では本旅の概要をまとめておきたいと思います。


"瀬戸内国際芸術祭2016【概要・高松編】"の全文を読む »

2016年7月17日

「ル・コルビュジエの建築作品」世界文化遺産登録

建築デザイン / 空間デザイン

nmwa_fathad.jpg
[上野・国立西洋美術館]


2016年7月17日、トルコで開催されていたユネスコの世界遺産委員会で、
日本の国立西洋美術館を含む7カ国17資産で構成されるル・コルビュジエの建築作品が、
世界文化遺産に登録されることが正式に決定しました。

実際は前日の16日に審議されるはずだったのですが、
トルコで突如として起こったクーデター未遂事件で中止、
翌17日に再開され、決定に至りました。

2009年と2011年の過去2回の審議で登録が見送られ、
今回三度目の正直でようやくの登録。
長い道のりだったんだなあ。

東京23区で初、大陸間をまたいだ遺産としても初の登録。
そして国内20件目の世界遺産登録となります。


"「ル・コルビュジエの建築作品」世界文化遺産登録"の全文を読む »

2016年6月21日

ジャングルモック【フレンチネイビー】

プロダクトデザイン

merrell_frenchnavy.jpg

この靴をAmazonで買う


久々に、本当に久々に靴を新調した。
ここ2,3年は本当に苦しかったからなあ...

靴底をすり減らして履いてた前の靴もいよいよ限界に近づいて、
期限切れが近づいたAmazonのギフト券+キャンペーンギフトで
半額で購入できるチャンス、ということで思い切って購入。


選ぶのはもちろん、メレルのジャングルモック。


"ジャングルモック【フレンチネイビー】"の全文を読む »

2016年6月 4日

オセロー【シェイクスピア】

読書 / 文学

この本をAmazonで買う


シェイクスピア四大悲劇の一つ、「オセロー」を読みました。

ムーア人の勇敢な将軍オセロー。
副官に任命されなかったことを不満とする旗手イアーゴーの奸計により破滅への道を歩んでゆく。

本劇のテーマは「嫉妬・猜疑心」。
一般的に忌み嫌われる感情だが、全く無くて良い感情かといえばそうではないと思う。

他人を嫉み、羨むからこそ、自分を奮起させることができるし、
疑いの心が危険から身を守り、問題点を発見し改善することができる。
生きていく上で必要不可欠な感情ではあるが、
一度その感情に支配されてしまうと、これほどやっかいなものもない。


ちなみにボードゲーム「オセロ」は本劇が名前の由来なのだとか。
黒人のオセローとその妻・白人のデズデモーナ、
イアーゴーの状況によってころころ態度を豹変させる様からとったのでしょうか。


"オセロー【シェイクスピア】"の全文を読む »

2016年5月26日

私、ジンズをかいかえました。

プロダクトデザイン

jins_glass_back2.jpg


おおよそ5年使ったJINSのメガネが壊れました。

うっかり踏んでしまい、片側のテンプルが取れてしまった。
部品交換で簡単に直るかな、とお店に持って行ったところ、
どんなに簡単な修理でも一律5千円という、いわゆるアップル方式で、
「それなら新調するのとたいしてかわらんじゃないか!」と。
まあ、これもコスト優先の商品だとコストカット対策になるんでしょうね。


というわけで5年ぶりにメガネを新調しました。
けっこう気に入ってたんだけど、6千円程度のものを5年使ったんだから、
まあ、元は取れたんじゃないかな。


"私、ジンズをかいかえました。"の全文を読む »

2016年5月21日

スタジオジブリ・レイアウト展【愛媛県美術館】

展示・イベント

ghibli_layout_b1.jpg


愛媛県美術館で開催中の「スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきました。

久々の愛媛県美。そして久々の芸術鑑賞。

本展はいわゆる完成美術品の展覧会ではありません。
アニメーションという一つの作品において、その全体設計図が絵コンテであり、
そしてレイアウトは場面場面の仕様が描かれた「部品設計図」。
本展ではそのような「部品設計図」を集めて展示するものです。


あらゆる分野においてコンピュータ化が進み、CADで設計図が描かれるようになった時代。
それは飛躍的なクオリティとパフォーマンスの向上をもたらす一方で、
誰がいじっても同じようなものを産み出す画一性がある種の退屈さをもたらすようにもなった。


(完成形ではない、という意味で)不完全な部品設計図を美術館で展示できる、
ということがどういうことなのか。
それを考えることで即効性が求められる娯楽(エンターテインメント)と、
世代を超えて受け継がれていく芸術(アート)の両者の立ち位置を再認識する。

そうすることで「良いもの」は創り続けられるのではないだろうか。


"スタジオジブリ・レイアウト展【愛媛県美術館】"の全文を読む »

ALESSI(アレッシィ)小物いろいろ

プロダクトデザイン

41ExAVCY4UL.jpg
ALESSI ジューシーサリフ シトラススクイーザー レモン搾り]※画像はAmazonより


2006年12月の記事をリニューアル。

ALESSIを知って10年。
最近気になるALESSI(アレッシィ)の小物たち10点。

良い「モノ」とはなんだろうか。
便利で使い勝手の良いものだろうか。

そういうものは確かにずっと使い続けられるだろうが、愛着は湧くだろうか。
逆に多少使い心地は悪くても、愛着を感じられるものであれば、
大切に長く使い続けられはしないだろうか。
そこに便利で高機能という王道とは別に、
デザインの特性を活かす余地、というものがあるような気がする。


アレッシィの製品群にはそのようなデザインの素敵な特性が見える気がします。


"ALESSI(アレッシィ)小物いろいろ"の全文を読む »

2016年4月26日

SketchUpでの制作物

プロダクトデザイン / ポートフォリオ / ツール

all.jpg

stair3a.jpg


このブログでGoogleが3Dデザインツールである「SketchUp」の開発会社を
買収したニュースを取り上げたのが2006年

当時早々に無料トライアル版をダウンロードして試用し、
そのレビューも報告しているが、
実際にこのツールを本格的に使うようになったのは、
2014年に通った職業訓練での授業を受けてからだった。

実に遅々としたペースだが、これがまあ自分のペースなのだろう。


本記事ではそんなSketchUpでの制作物を実制作物と一緒に紹介していきます。



"SketchUpでの制作物"の全文を読む »

2016年4月 7日

ペンは剣よりも強し

環境デザイン

metropolitan_sword2.jpg
[メトロポリタン美術館]


フジテレビの「優しい人なら解けるクイズ」にて。

とある幼稚園で園児が(紙の)剣を作っていました。
できあがった剣を先生に見せると、
先生は「誰をやっつけるの?」と尋ねました。
すると、その園児は、

 「誰かをやっつけるんじゃない、
  誰かを守るために作ったんだよ」

と答えました。

するとそのVTRをみていたタレント一同、
「やさし〜!!!」と絶賛の嵐。

一見、もっともらしい心温まるエピソードです。
でも僕は確かに「優しいな」と思いつつも、一方でちょっと「コワイな」とも感じました。

はたして、それは本当のやさしさなのだろうか。


"ペンは剣よりも強し"の全文を読む »

prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11