2013年10月30日

瀬戸内国際芸術祭2013【直島再び】

アート / 展示・イベント

naoshima_benesse_yellowpumpkin1a.jpg


女木島男木島巡りの翌日。

最初は豊島か小豆島に行くつもりだったけど、
あまりに疲れすぎて、急遽直島の大竹伸朗の直島銭湯「I♥湯」へ。
前回行きそびれたし。
世界広しといえど、裸で鑑賞する芸術はここだけだよね。

瀬戸芸の中でも一番メジャーな島、直島。
来島する人も一番多いけれど、
さすがに朝から銭湯に入る人はなく、ほぼ貸切状態。

500円でできる贅沢。
贅沢ってかけた金額じゃあないんだよね。


"瀬戸内国際芸術祭2013【直島再び】"の全文を読む »

2013年10月29日

瀬戸内国際芸術祭2013【男木島】

アート / 展示・イベント

ogi_042_5a.jpg

ogi_042_1b.jpg


鬼ヶ島(女木島)を脱出して、男木島へ。

かつては、女木島・男木島二つの島をあわせて雌雄島と呼ばれていたらしい。
男木島のほうが大きいのかと思いきや、女木島のほうが大きいらしい。
女のほうが大きく、恐ろしい鬼がいた、ということは、
ここは女系社会だったのかな。


そんなことを思いながら、男木島に上陸。

いやあ、ここもなかなか面白かった。


"瀬戸内国際芸術祭2013【男木島】"の全文を読む »

2013年10月28日

瀬戸内国際芸術祭2013【女木島】

アート / 展示・イベント

megi_041oninoko3a.jpg


瀬戸内国際芸術祭。

先の三日間では回りきれなかった女木島と男木島にどうしても行きたくて。
再度やって来ました。

先の芸術祭鑑賞レビューはこちら。

犬島 / 小豆島 / 直島 / 豊島


今回は一人旅なのでひたすら下道で高松へ。
深夜1時半に出発して、朝6時前に高松に到着。
7時に駐車場が開場、8時の便で女木島へ。
高松から女木島までは船で20分。


女木島って鬼ヶ島だったんですね。
鬼ヶ島って本当にあったんだ。


"瀬戸内国際芸術祭2013【女木島】"の全文を読む »

2013年10月22日

瀬戸内国際芸術祭2013【豊島】

アート / 展示・イベント

teshima_museum_hill.jpg


瀬戸内国際芸術祭2013。
犬島小豆島直島

最終日は豊島へ。
天気も晴れて絶好の鑑賞日和。

高松港から直島・本村港経由で豊島・家浦港へ。

瀬戸芸での不満は海上交通の煩雑さと便の少なさでしょうか。
あまり便利にし過ぎるとキャパオーバーという問題も出てくるんだろうけど。
まあ、あれこれ行き方をみんなで考えるのもまた旅の楽しさでもあるんだろうけど。


豊島には基本的に3つのエリアがありますが、
今回は時間切れで甲生(こう)地区には行けませんでした。
家浦港周辺と島キッチンのある唐櫃岡(からとおか)集会所周辺と豊島美術館に
行ってきました。


"瀬戸内国際芸術祭2013【豊島】"の全文を読む »

瀬戸内国際芸術祭2013【直島】

アート / 展示・イベント

naoshima_ferry.jpg


瀬戸内国際芸術祭2013。

初日の小豆島から高松を経由して、念願の直島へ。
なんといってもこの瀬戸芸の元祖。
メジャーになりすぎて今やアートのメッカになりつつあります。
外国人の観光客もこの島はひときわ多い。


しかし、かつて巨大企業に勤めていた身としては思うわけです。
規模が大きくなりすぎると、目が行き届かなくなり、見失ってしまうものも出てくる。
それを看過していると、いずれはとりかえしのつかない衰退に向かってしまう。
...というのは考えすぎだろうか。

ひと言でいえば、人多すぎ、待ち時間多すぎ。
都会で行列をなすのとなんら変りない。
平日でさえこうなのだから、休日はもっとひどい込みようだと思われます。
まあ、もうじき会期を終える時期だからこれが当然の状況なのかもしれないけど。

人が多く来ればそれだけ潤うのかもしれないけど、
それだけ地域は疲弊もしていくのではないでしょうか。

芸術は心に余裕をもって向き合うもの。
直島が芸術の聖地として長らえるには、混雑に対する何らかの対策が必要だと思う。
でなければ商業主義の波にのみこまれていずれは消えていってしまう気がしてなりません。

すばらしい場所だけに心配はつのります。


"瀬戸内国際芸術祭2013【直島】"の全文を読む »

2013年10月21日

瀬戸内国際芸術祭2013【小豆島】

アート / 展示・イベント

shodoshima_078_4.jpg

shodoshima_kumagusuku_entrance2.jpg


瀬戸内国際芸術祭2013。

犬島での鑑賞を終える頃、天気は本格的に雨の様相。
とりあえず本日の宿がある小豆島へ。

土庄港でお昼を食べ、オリーブバスで坂手港方面へ。
宿は食事なしだったのだけど、
現地で適当に調達すればいいや、というのがあまかった。

途中、窓外には御輿を担ぐ祭りの集団が。
そう、この日はお祭りだったのです。
これがあとで困ることになる一因となるわけですが、
このときはそんなことになるとはツユほどにも思わず。

まあ、でもそのトラブルが元で、宿の人と仲良くなることができ、
瀬戸芸スタッフの生の声が聞けたわけで。

災い転じて福となす。
旅は道連れ世は情け。

これだから旅はオモシロイ。


"瀬戸内国際芸術祭2013【小豆島】"の全文を読む »

瀬戸内国際芸術祭2013【犬島】

アート / 展示・イベント

inujima_museum_entrance2.jpg


念願の瀬戸内国際芸術祭を見に行ってきました。
本当は夏会期に行きたかったのですが、バタバタして行けず。
城川オリンピックも終わり、
秋会期も終わりに近付いてようやく行くことができました。

芸術がどのように地域活性化に寄与できるのか。
それが学べる絶好の機会。

二泊三日の日程で行ってきました。

まずは犬島。
ちっぽけな島、と侮るなかれ。

小さな島には魅力がいっぱい詰まってました。


"瀬戸内国際芸術祭2013【犬島】"の全文を読む »

2013年9月25日

タオル美術館ICHIHIRO【愛媛県今治市】

アート

towlmuseum_facade1.jpg


今治のタオル美術館に行ってきました。
今治の特産品である今治タオルをアピールするミュージアム。
けっこうな山奥にあるんですな。

正直あまり期待せずに行ったのですが、思った以上に良かった。
外見は、安易なヨーロピアンスタイル。
デパートのような本館の奥にちょこっと美術館があるのかな、と思いきや、
美術館のボリュームがけっこうスゴイ。
内容もなかなか良かったです。
タオルをここまで芸術的に表現できるんだ、と感心しました。
美術館の中にタオル工場があるのも斬新だった。


やるな、タオル美術館。


"タオル美術館ICHIHIRO【愛媛県今治市】"の全文を読む »

2013年9月24日

丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ展【香川県立ミュージアム】

建築デザイン / 展示・イベント

tangekenzo_show.jpg


JDNの読者プレゼントに当選し、
香川県立ミュージアムで開催されていた丹下健三展に行ってきました。
2013年の瀬戸内国際芸術祭のイベントの一環として、
世界的建築家としての礎を育んだ瀬戸内での作品を中心に展示。


14年間勤めた会社を辞めて、己が求める道を探して入った美大で、
デザインに出会い、建築に出会いました。
結局いまだに建築の道を進むことはできていませんが、
自分は最終的には建築をやりたい、という気持ちはいまだ変わっていません。

といっても、建築を職業として数多くの建物を設計したいわけではなく、
「モノづくり」から「空間づくり」という長いプロセスを経て、
ただ一つ、たった一つ、自分が心から作りたいと思うモノを、理想の環境に建てたい。
そして後世の社会に何かしら影響力を与えるようなモノを作りたい。
それが自分の夢。

そのために気の遠くなるような長い道を亀のごとく遅い歩みで、
ゆっくり進んでいます。
建築とは早急になされるものでも評価されるべきものでもないんじゃないかな。


丹下健三という建築家はその長い行程の中で、
間違いなく無視することのできない天才。


"丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ展【香川県立ミュージアム】"の全文を読む »

大地と融合する建築・亀老山展望台【隈研吾|愛媛県今治市・大島】

建築デザイン

kirosanobservatory_decka.jpg


建築はそのようにして、様々に接合しうるはずのものなのである。もし、そのようにして、繋ぐことができたならば、例の設問に対しても、もっと違った解答をだせるのではないだろうか。建築は必要か不必要か。建てるべきか、建てざるべきか。あるいは建築か革命か。粗雑な設問を超えること。そのために建築は切断であるという前提を疑うこと。切断されたオブジェクトではなく、関係性としての建築について考察すること。まずはそこから始める。(隈研吾『負ける建築』)


今治市は大島の亀老山へ行ってきました。

かつて人間は自然と共に生きてきた。
文明が発達するにつれ、人間は自らの身を自然の猛威から守るために、
自分たちの住居や社会を自然から切り離した。

人間のその選択ははたして正しかったのか。
それは自然と社会との接点である建築に携わる者として、
建築家が背負うべき永遠の命題ではないだろうか。

隈研吾氏が手がけた亀老山展望台はまさにその命題を人々に問う建築のような気がします。


"大地と融合する建築・亀老山展望台【隈研吾|愛媛県今治市・大島】"の全文を読む »

prev 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16