« 日本初の写実絵画専門美術館・ホキ美術館【日建設計|千葉県千葉市】 | メイン | 美しい鉄骨の教会・カトリック高輪教会【東京都港区】 »

2012年2月27日

ジャン=ミシェル・オトニエル『マイウェイ』【原美術館】

アート/ 展示・イベント

haramuseum_myway_board2a.jpg


美術館訪問三番目は原美術館。
一つ目二つ目

先の二つはどちらかといえばネガティブなレポートになってしまいました。
これでは都会の良さを伝えるどころか、都会の批判になってしまう。

都会には魅力が一杯だ。
が、その原石の多くは都会にはなく、周辺から持ち込まれたものである。
都会はパワーの源だ。
多くのエネルギーが集約し、費やされることで、驚異的な数の魅力が創造される。
が、しかし同時に驚異的に不要なゴミも生み出されるのである。
都会は余剰の源でもある。

ゴミと魅力の両方があるおかげで、魅力の見分けがしやすくなる。
多くの魅力と出会うことで、より良い魅力を作りあげることが出来る。
都会とはそういう場所である。

悪くはないけれど、魅力の原石そのものに出会うチャンスは意外と少ない。


...というわけで、三度目の正直。


魅力を作りあげる方法を学ぼう。



広告



haramuseum_myway_board1.jpg


原美術館は大好きな美術館のひとつです。

いわゆる個性的な建築、というわけではないけれど、
全体として心地よい空間となっている気がします。

どちらかといえば「これでもかっ!」と主張する建築が好きですが、
こういう建築も悪くない。

正直言って、ジャン=ミシェル・オトニエルという作家をよく知りません。
ただ、自分の作品の撮影を全面的にOKとした時点で、僕はこの作家に敬意を表するし、
その場を提供した原美術館も素晴らしいと思う。


門扉の前の石床。
haramuseum_myway_stonefloor.jpg


正面入口。
haramuseum_myway_gate.jpg


エントランスそばの大木。
haramuseum_myway_bigtree.jpg


建物入口。
haramuseum_myway_entrance.jpg


珠玉の作品の数々。
haramuseum_myway_bed1.jpg

haramuseum_myway_bed2a.jpg

haramuseum_myway_bed3.jpg


haramuseum_myway_whitebox.jpg


haramuseum_myway_gold2.jpg


haramuseum_myway_glass2.jpg


haramuseum_myway_twosticks2.jpg


haramuseum_myway_window2.jpg


haramuseum_myway_neckless2.jpg


haramuseum_myway_black2.jpg

haramuseum_myway_black.jpg


haramuseum_myway_red.jpg


haramuseum_myway_soroban.jpg


haramuseum_myway_violet1a.jpg

haramuseum_myway_violet2a.jpg

haramuseum_myway_violet3a.jpg

haramuseum_myway_violet4.jpg


haramuseum_myway_blue1.jpg

haramuseum_myway_blue2a.jpg

haramuseum_myway_blue3.jpg


中庭にはとくに作品は置かれてなかったけど、大好きな空間のひとつ。
今回は友達から借りたコンデジのワイドモードで撮影。

haramuseum_myway_wide1.jpg

haramuseum_myway_wide2.jpg

haramuseum_myway_wide3.jpg


正面玄関側。

haramuseum_myway_wide4.jpg


実はこの美術館、以前勤めていた職場からとても近いのですが、
その頃はほとんど訪れることはなかった。
その会社を退職してデザインを学び始めてから、ようやく通うようになりました。

近くても見えていないものってけっこうたくさんある。


だからいたずらに遠くのものを求めるのではなく、
近くにあるものに神経を集中させてみよう。

そこに幸せへの近道がある。

...遠回りも悪くないけどね。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿