« 培広庵コレクション「美人画」は語る【愛媛県美術館】 | メイン | 太山寺【四国八十八ヶ所霊場:第五十二番札所】 »

2017年8月19日

世界が絶賛した海中芸術 伊東昭義展【ミウラート・ヴィレッジ】

アート/ 展示・イベント

miurartv_outside4.jpg

miurartv_stoneplate.jpg


ミウラート・ヴィレッジで開催中の伊東昭義展に行ってきました。

伊東昭義氏のことは全く知らなかったのですが、
テレビのCMで流れてるのを見て、
そう言えばかねてより訪れたいと思っていたミウラート、まだ行ってないなあ、と。


ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)は三浦工業グループの創業者三浦保氏が1998年に設立。
三浦氏自身熱心な芸術家であり、茶陶をはじめとする陶芸において独自の境地を開拓し
「ミウラート」と呼ばれる独自の陶板画に到達しました。
美術館外壁及び中庭にはこの三浦氏の「ミウラート」を中心とした作品群が常設してあります。

美術館の設計は長谷川逸子氏。
地上に平行に置かれた二つの直方体の上にさらにもう一つの直方体を垂直に配した
独特のデザインはホキ美術館を彷彿とさせます(ホキほど曲線性はないですが)。




広告



まずはじっくり美術館の外観を観察。


美術館敷地入り口。

miurartv_outside1.jpg


2Fラウンジ下より展示棟を眺む。

miurartv_outside2.jpg


中庭より美術館を眺む。

miurartv_outside3.jpg

右側紺碧の建物が展示棟、左側の打放しコンクリートがアトリエになっています。


展示棟の鮮やかな紺碧の外壁。

miurartv_outside5.jpg


ゲストルーム下はミウラートや他作家の彫刻作品などが展示してあります。

miurartv_outside6.jpg

miurartv_sculpture.jpg


阿部誠一「見つめる女の子」

miurartv_girls.jpg


速水史朗「ながれのかたち Water Flow」

miurartv_waterflow.jpg

miurartv_waterflow2.jpg

「空のかけら Pieces of the Sky」
miurartv_piecessky.jpg

三浦保氏と長谷川逸子氏との合作作品。


アトリエと隣接する体育館の間のスペース。

miurartv_outside7.jpg


隣接体育館側の壁。

三浦保「赤と黒Ⅳ」
miurartv_nelson2.jpg

ネルソン・ドミンゲス「生命の光」
miurartv_nelson.jpg


中庭には三浦保氏によるストーン・サークルが広がります。

miurartv_stonecircle2.jpg

miurartv_stonecircle.jpg


逆さ台形状の赤いボックス。

miurartv_redbox.jpg


アトリエの端っこには三浦氏の陶芸作品が控えめに展示されてます。

miurartv_redvase.jpg


トイレの建物も独特の形状。

miurartv_toilet.jpg


今回の企画展。

miurartv_akiyoshiito_board.jpg

さて、中に入って。

miurartv_akiyoshiito_gallery.jpg

miurartv_akiyoshiito_gallery2.jpg

伊東昭義氏は彫刻家として世界的に活躍する一方で、
海中の美の探求者となり、海中世界を芸術に昇華させ「美術写真」という新ジャンルを
確立させた世界初の作家だそうです。

その鮮やかな色彩は、蜷川実花のビビッドな色彩の花の写真とどこか似てるなと感じました。

館内は基本的に撮影禁止ですが、本展に限りスマートフォン等の携帯カメラで撮影可能。
企画展は撮影できて常設展は撮影禁止なんて、なんとも奇妙な感じ。
写真の写真を撮る、というのはなんとも違和感を感じるものですが、
その違和感を吹き飛ばすほどの色鮮やかさはやはり見事の一言。

miurartv_akiyoshiito_works1.jpg

この1枚だけ透過性のあるフィルムに印刷して後ろからバックライトを当てていました。
そのため画面がより明るく、色鮮やかさが一際際立つものとなっていました。

竜宮城への誘い。

miurartv_akiyoshiito_works2.jpg

miurartv_akiyoshiito_works3.jpg


人の手で描かれた絵画を見ているような光景。

miurartv_akiyoshiito_works4.jpg

miurartv_akiyoshiito_works5.jpg

miurartv_akiyoshiito_works6.jpg

miurartv_akiyoshiito_works7.jpg

miurartv_akiyoshiito_works8.jpg


残念ながら今回は2階ゲストルームには入ることはできませんでした。
この美術館が持つ空間の魅力を最大限活用するならば、
せめて2階は常時公開してほしいもの。

※本展は8/20にて終了しております。

次回は丸山晩霞展。
2階へ上がれるならば、行ってみたいかも。


【Information】オフィシャルサイト

アクセス:JR堀江駅より 徒歩約15分(タクシー約5分)

開館日:水曜日〜日曜日

開館時間:9:30〜17:00(入場は16:45まで)


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿