« 一週間経過 | メイン | 関内~馬車道散策 »

2010年4月18日

「ル・コルビュジエの建築」第1部【ギャルリー・タイセイ|横浜市中区】

建築デザイン/ 展示・イベント

taiseigallery_entrance1a.jpg

TokyoArtBeatで見つけました。

大成建設のギャラリー、「ギャルリー・タイセイ」。
主にル・コルビュジエの作品を展示していて、
ちょうど企画展「ル・コルビュジエの建築」第1部が開催中、ということで
日曜日にでも行こうかな、と思ったら日曜は休館日ということで、
土曜日の授業前に急いで行ってきました。

横浜は関内駅から歩いて8分。


こぢんまりとしてますが、白を基調としたシンプルですっきりした空間。

土曜日だというのに、誰も来館者がいなくて、
来館者どころか、スタッフも一人もいなくて、
ほぼ貸し切り状態でした。
ビルの入口に警備員はいるものの、大丈夫なのかな、こんなんで。

撮影不可の案内もないようなので、
思う存分撮影してきました~



広告



taiseigallery_entrance.jpg


入口受付。
taiseigallery_reception.jpg

誰もいず。


白を基調としたシンプルな展示空間。
taiseigallery_room.jpg

taiseigallery_room2.jpg


精度の高い模型の数々。

一番手前に実現しなかったパリの都市計画、ヴォワザン計画。
taiseigallery_boasanplan.jpg

しかし実現していたら「芸術の都」としてのパリは間違いなく消滅してただろうな...


現代建築の象徴、ドミノシステム。
taiseigallery_domino1a.jpg

20世紀の建築はこの「ドミノシステム」からはじまった。
構造としての壁を取り除くことにより、現代建築はより自由な空間を手に入れた。

しかしその一方で、安易に建物が構築できるようになったことで、
失われたものも少なからずあったのではないだろうか。


代表作「サヴォア邸」。
taiseigallery_model0c.jpg

taiseigallery_model0d.jpg

taiseigallery_model0b.jpg

「ピロティ」「自由な平面」「自由な立面」「水平連続窓」「屋上庭園」
現代建築五原則により実現された近代住宅の象徴。


スタイン+ドゥ・モンジー邸
taiseigallery_model1a.jpg

ラ・ロッシュ+ジャンヌレ邸
taiseigallery_model2a.jpg


コルビュジエデザインのチェアも展示。

taiseigallery_chair1a.jpg

シェーズ・ロング(LC4)。
座り心地抜群。
機能美の極致。


奥の映像コーナーにも2つのチェが置いてありました。
taiseigallery_chair2.jpg

LC1とLC2。
やはりLC2のほうが座り心地はいいかな。


第一部は初期から中盤における作品がメインに展示。
この頃は技術至上主義で、技術ありきこそ良きデザイン、という作風が伺えます。
もちろん技術は人の生活を豊かに、幸せにするためにあるものですが、
ともすれば技術至上主義はその本来の目的を忘れがちになる。
技術は人間の叡智を誇示するためにあるのではない。

技術は人を幸せにするのに必要なものの1つだけれど、
ただそれだけでは人は幸せにはなれない。


そのことコルビュジエ自身が、中盤から晩年にかけて証明していくことになる。
優れた建築家はゆっくり時間をかけて晩年に大成する。
まさに大器晩成。


4年前に森美術館で開催された企画展ほど大規模じゃないけれど、
コルビュジエの偉業を再確認するには良い場所だと思います。


第二部が楽しみだな...と思いつつ結局行くことはできませんでした (T_T)


【information】オフィシャルサイト

アクセス:JR関内駅より徒歩8分、
     横浜市営地下鉄伊勢崎長者町駅寄り徒歩3分、京浜急行日ノ出町駅より徒歩10分

入館料無料、駐車場なし


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿