« HOUSE OF SHISEIDO | メイン | 落水荘【フランク・ロイド・ライト|米ペンシルベニア州】 »

2006年2月21日

ニッポンのデザイナー100人【AERA DESIGN】

読書

この本をAmazonで買う


2006年に買った本ですが、10年経過した2016年、
ブログ全体のリデザイン作業に伴い、記事内容を見直しました。


田町。
最近芝浦界隈が再開発が進んでいるとはいえ、
表参道や青山、代官山などに比べるとお洒落とかデザインとか、
そんなものには縁のなさそうな街だけど。

田町の駅前の本屋さんにデザイン関連のコーナーがあって、
そこにけっこうな種類のデザイン本が置いてあるのです。
そんなところで見つけた一冊。
いやー灯台下暗し。

AERA ってデザイン雑誌だしてたんだー。
この本はタイトルどおり日本の著名なデザイナー100人を
紹介したものですがデザイナーって日本にもたくさんいるなー...
勉強になるなあ。
刺激になるなあ。

もっともっとデザインを知りたい。



広告



この本は以下の5カテゴリで活躍する旬のデザイナー100人をピックアップ。

 「建築家」
 「プロダクトデザイナー」
 「アートディレクター」
 「インテリアデザイナー」
 「デザインプロデユーサー」

このうち、個人的に気になるデザイナーをいくつかピックアップ。
個人的には「売れ具合」よりも、どれだけの「デザイン哲学」を持っているか、
という点に興味があります。


<建築家>

一番興味のあるカテゴリですが、その総合性につき、
なかなか建築家=デザイナーという図式は成り立たないカテゴリではないでしょうか。
良い建築家は良いデザイナーであることは間違いないんでしょうけど。


隈研吾
kirosanobservatory_decka.jpg
亀老山展望台

kumonoue_garalley_sunset.jpg
雲の上ホテル

負ける建築」にはいろいろ考えさせられることがありました。


SANAA(妹島和世+西沢立衛)
21c_rocky2.jpg
21世紀美術館

teshima_museum2.jpg
豊島美術館


高橋晶子
ryomam_orangeline.jpg
高知県立坂本龍馬記念館


團紀彦
ashizuriterme_gate1.jpg
足摺テルメ


内藤廣
kouchistation_northside2.jpg
高知駅

makinoplantparknaito_boneroof_inner2.jpg
牧野富太郎記念館


坂茂
opam_facade_night.jpg
OPAM(大分県立美術館)

ban_nomadmuseum_night.jpg
ノマディック美術館


<プロダクトデザイナー>

個人的には家具に興味があるので、必然的にこの分野に興味が向くわけですが、
職人とデザイナーとの良好な関係の構築が、成功の秘訣だと思われます。


深澤直人

[MRUNI COLLECTION 『HIROSHIMA』]

「デザインの輪郭」はデザインを考える上で外せない一冊ですよね。


アートディレクター

いまいちその特性について把握が難しいカテゴリではありますが、
デザインとアートの比較によりデザインの特性を明確にすることのできるカテゴリなのかな、
と個人的には思っています。


原研哉

「デザインのデザイン」は深澤さんの「デザインの輪郭」と並んでやはり外せない一冊ですね。


<インテリアデザイナー>

吉岡徳仁
crystallize_e_0person.jpg
【クリスタライズ展】

naturesense_tokujin1.jpg
【ネイチャー・センス展】

もはや「インテリアデザイナー」の枠におさまりきらない人ですよね。


デザインプロデューサー

リビングワールド(の西村佳哲)

西村佳哲さんは多摩美一年生のときの授業「プレデザイン」の担当教官の一人でした。
デザイン、という行為を行うにあたって必要なものはなんなのか、ということについて
感覚的・論理的・体験的にアプローチするなかなか興味深い授業でした。



この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿