« 小泉八雲旧居(小泉八雲記念館)【島根県松江市】 | メイン | 八百万の神が一年に一度集う社・出雲大社【島根県出雲市】 »

2017年10月28日

夢の美術館ーめぐりあう名画たちー【島根県立美術館】

建築デザイン/ アート

shimanemuseum_entrance.jpg

shimanemuseum_logo2.jpg


島根県立美術館に行ってきました。

北九州市立美術館と福岡市美術館の所蔵品を展示する「夢の美術館」展が開催中でしたが、
一番の目的は菊竹清訓さんが設計した空間を見ることでした。

宍道湖畔に建つその建物は湖岸のカーブに沿って緩やかな弧を描いており、
水面と大地をつなぐ「なぎさ」をイメージしたものだそうです。
一歩その建物の中に入ると、天井にそのなぎさ仰ぎ見ることで、
あたかも水の中を優雅に闊歩しているような錯覚に見舞われる。


島根県立美術館は島根県立博物館の財産を継承する形で1999年に開館しました。
島根県立博物館(現・島根県公文書センター)も1959年にやはり菊竹さんが手がけました。
ほかにも島根県立図書館、島根県立武道館、田部美術館など、
松江には菊竹さん設計の建物がけっこうあるようです。

島根県立美術館では水を主題とした作品の収集に力を入れており、
開館20年に満たない若い美術館ながら日本近世絵画から19世紀フランス絵画や現代彫刻まで
4400点を越える規模にまでに成長しています。

福岡の2つの美術館所蔵品を展示する今回の企画展は予想以上に豪華な顔ぶれでしたが、
島根県立美術館のコレクションもこれに負けない豪華な顔ぶれでした。
しかもコレクション展に関しては撮影OKというオープンスタンスも嬉しい。

菊竹さんの作った素晴らしい空間にふさわしい展示内容で、
企画展と所蔵品展とを合わせてまさに「夢の美術館」でした。



広告



shimanemuseu_board.jpg


美術館のロゴ。

shimanemuseum_logo1.jpg

田中一光さんデザイン。
「水」「宍道湖」「島根の『S』」「美術館建物の形状」をイメージ化したものだそうです。


館内マップ。

shimanemuseum_map.jpg

夕日がとてもきれいなスポットらしく、
季節ごとの「夕映え見頃時間帯」なるものも一緒に表示してありました。
こういう心配りが素晴らしいですね。


L字型にカーブしたファサード。

shimanemuseum_facade.jpg


宍道湖側。

shimanemuseum_mirror.jpg


松江城天守最上階からの眺望。

matsuejo_view_museum.jpg


いよいよ中に入って。

1階ロビー。

shimanemuseum_lobby.jpg

片流れの天井がまさに波を彷彿とさせ、波の下の水中にいるような気分になる。


shimanemuseum_violin.jpg


一階展示室は企画展「夢の美術館」。

shimanemuseum_dreammuseum.jpg

さすがに企画展は撮影NG。

一番良かったのはサルバドール・ダリの「ポルト・リガトの聖母」。

shimanemuseum_dali.jpg
(画像は正面玄関のディスプレイ)

はじめてこの絵を見たのは美大に入る前に訪れたニューヨークグッゲンハイム美術館でした。
ただ、その時はもっと小さかったような気がしたのですが、
調べるとダリはこの絵を2パターン書いていて、ニューヨークで見たのは小さい方でした。

まさか山陰でこの絵を再び(正確には『再び』ではないのですが^^;)見れるなんて。


2階部分へ。

shimanemuseum_2f.jpg


中2階の休憩スペース。

shimanemuseum_2fc.jpg

美術館ロゴ形状のソファでくつろぎます。


2階では企画展の後半部分とコレクション展を展示。

shimanemuseum_2fb.jpg


ロダンの彫刻が出迎えてくれます。

shimanemuseum_rodin.jpg
オーギュスト・ロダン『ヴィクトル・ユーゴーのモニュメント』(1897年)


コレクション展。
お気に入りの作品をピックアップ。

「水」がテーマの作品が充実してます。

shimanemuseum_sisley.jpg
アルフレッド・シスレー「舟遊び」(1877年)


shimanemuseum_marquet.jpg
アルベール・マルケ「赤いヨット、オーディエルヌ」(1928年)


shimanemuseu_derain.jpg
アンドレ・ドラン「マルティーグ」(1907−1908年)


shimanemuseum_monet.jpg
クロード・モネ「アヴァルの門」(1886年)

10年前に東京都美術館で開催されたフィラデルフィア美術館展でほぼ同じ構図の
「マヌポルト、エトルタ(1885年)」を見ました。
モネお気に入りの場所なんですね、きっと。


shimanemuseum_gauguin.jpg
ポール・ゴーギャン「水飼い馬」(1886年)


shimanemuseum_signac.jpg
ポール・シニャック「ロッテルダム、蒸気」(1906年)


shimanemuseum_dufy.jpg
ラウル・デュフィ「ニースの窓辺」(1928年)


shimanemuseum_vlaminck.jpg
モーリス・ヴラマンク「川の上のヨット、シャトゥー」(1909年頃)


shimanemuseum_ebiharakinosuke.jpg
海老原喜之助「港」(昭和2年)


shimanemuseum_okashikanosuke.jpg
岡鹿之助「古港」(1928年)


それ以外もなかなか。

shimanemuseum_kishidaryusei.jpg
岸田劉生「自画像」(大正3年)


shimanemuseum_kurodaseiki.jpg
黒田清輝「北尾次郎肖像」(明治41年)


shimanemuseum_ishibashikazunori.jpg
石橋和訓「美人読詩」(明治39年)


shimanemuseum_hiratsukaunichi2.jpg
平塚運一「松江城天守閣」


shimanemuseum_hiratsukaunichi.jpg
平塚運一「雪のニコライ堂」


【島根の漆芸】

shimanemuseum_kojimashikkosai1.jpg
小島 初代 漆壺斎『棗名「若草」』


shimanemuseum_kojimashikkosai2.jpg
小島 二代 漆壺斎「秋野平棗」


shimanemuseum_kojimashikkosai4.jpg
小島 四代 漆壺斎「粉溜秋野棗」


shimanemuseum_kojimashikkosai4w.jpg
小島 四代 漆壺斎「菊桐棗」


shimanemuseum_nurudeanmitsuhide.jpg
初代 勝軍木庵(ぬるであん)光英「蒔絵印籠」


shimanemuseum_nurudeanmitsuhide2.jpg
初代 勝軍木庵(ぬるであん)光英「秋草に蝶蒔絵重箱」


shimanemuseum_ishimurashunsou.jpg
石村春草「八雲塗 花文小箱」


shimanemuseum_otanikantou.jpg
大谷歓到「武蔵野蒔絵平棗」


shimanemuseum_somejijokin.jpg
染次如錦「松竹二重張吹雪」


shimanemuseum_tsuruharakakuu.jpg
鶴原鶴羽「波紋蒔絵軸盆」


展望テラス部分。

shimanemuseum_kaba.jpg
柴田善二『カバの親子』(1981年)

shimanemuseum_gorilla.jpg
柴田善二『ゴリラ』


屋外作品。

shimanemuseum_works2.jpg
山根耕『つなぎ石 作品ー35』

shimanemuseum_rabits.jpg
薮内佐斗司『宍道湖うさぎ』

shimanemuseum_works1.jpg
建畠覚造『WAVING FIGURE』


通常は企画展のオマケ程度としか思えない感じのコレクション展を、
この美術館は企画展に引けを取らないくらいしっかりやっていて、
そこが、自館の持つコレクションに対する誇りが感じられて良かったです。

地方でもちゃんとやっているところはやってるんですね。

今度はもっとじっくり時間をとって、夕景を眺めたい。


【Information】オフィシャルサイト

開館時間:10月〜2月 10:00〜18:30、3月〜9月 10:00〜日没後30分

休館日:毎週火曜日、年末年始(12/28〜1/1)

駐車場:230台、3時間まで無料


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿