« ハイヒール型の缶オープナー「CANGAL」 | メイン | かつての日本屈指の海城・今治城【愛媛県今治市】 »

2017年2月 8日

Loving Vincent

アート

loving_vincent.jpg


  Loving Vincent


もしもゴッホの絵が動いたら...

そんなコンセプトで作られている映画があります。
2016年中には公開予定だったみたいですが、
なにせ1秒の動画に12枚の油絵が必要で、80分の作品に仕上げるという
途方もなく労力のかかる作業のため、どうも完成が遅れているようです。



広告




画家として活動した十年で描いた絵は油絵だけでも860点。

しかし、画家が生きている間に売れた絵はたったの1枚。
そこには画家の精神を壊してしまうほどの絶望があった。
しかし、画家はそれでも描き続けた。

画家の死後、彼が描いた絵は億単位で取引されている。

そんな彼の人生を見て、人々は言うだろう。


  「どんなに凄い絵を描いても、生きてる間に認められなければ意味がない」


...はたして本当に意味はなかったのか。
画家の人生は不幸でしかなかったのか。


自分は彼を羨ましいと思う。
どんなに世間から認められなくても、孤独な世界に生きていても、
取り組み続けられるものがあったことを。
それこそが人生における最高の幸せなんだと。


親愛なるフィンセント。
なにがあなたを突き動かしたのですか?

僕はそれが知りたい。

SelbstPortrait_VG2.jpg
(出典:Wikipedia)


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿