« 瀬戸内国際芸術祭2016【粟島】 | メイン | 伊予のいーとこどり。 »

2016年11月15日

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館2【谷口吉生|香川県丸亀市】

建築デザイン/ アート

mimoca16_sign.jpg

mimoca16_red.jpg


瀬戸内国際芸術祭2016最終日。

粟島での消化不良感が残ったまま帰る気にならず、丸亀まで戻って
猪熊弦一郎現代美術館に行くことにしました。
この美術館には瀬戸芸の作品はなかったのですが、さすがに高松まで引き返す気にはならず、
須田港から一番近くのアートスポット、ということで。

丸亀の駅前に立つその美しく巨大な箱は、建物そのものが強烈なインパクトを放っている。
基本的に猪熊弦一郎の作品を展示する美術館だけれど、格別この作家が好きなわけでもなく、
今回訪れたときにやっていた企画展もさほど興味をそそるものではなかったけれど、
MoMAの改築を手掛けた谷口吉生による美術空間を見るだけでもそれはそれで面白い。


美術館の前は何度となく通っているのですが、
中に入るのは2011年に訪れて以来、実に5年ぶり。



広告



mimoca16_yellow.jpg


ファサード。

mimoca16_box.jpg


美術館模型。

mimoca16_model.jpg


猪熊弦一郎の巨大壁画。

mimoca16_wallpicture.jpg


貝型オブジェ。

mimoca16_shell2.jpg

mimoca16_shell.jpg


サイドの階段も美しい。

mimoca16_stair2.jpg

mimoca16_stair.jpg


2階踊り場。

mimoca16_sidepath.jpg

mimoca16_kenzan.jpg


屋上。

mimoca16_roof.jpg

mimoca16_chair.jpg


中に入って。

3階展示室。主に企画展をやってます。

mimoca16_3f.jpg


2階展示室。主に猪熊弦一郎氏の作品を展示。

mimoca16_2f3.jpg

吹き抜けになっていて、開放感があります。

mimoca16_2f.jpg

mimoca16_2f2.jpg


これがホントのブルーハーツ?

mimoca16_blueheart.jpg


玄関前にある線状オブジェの模型

mimoca16_red_model.jpg


猪熊氏は三越の包装紙をデザインしたことで有名ですね。

mimoca16_mitsukoshi.jpg


黒バージョン。

mimoca16_mitsukoshi2.jpg


2階展示室の奥にあるミュージアムホール。

mimoca16_museumhall.jpg


さらにその奥の造形スタジオで開催されていた公募展が面白かった。
来場者投票で受賞者を決定するそうです。

展示作品の中で自分が気に入ったものをピックアップします。

大河千里「島唄う」
mimoca16_compe09.jpg

どことなく女優の波瑠に似ているような...


古河信哉「港の夜明け」
mimoca16_compe16.jpg

光の表現がとても気に入った。


田山景子「気配」

mimoca16_compe19.jpg

クールな猫の表情と背景のビビッドな赤とのコントラストがいいなあ。


白川光夫「天寧寺絶景」

mimoca16_compe37.jpg

尾道の千光寺公園近くに建つ三重塔の魅力を引き出している、みたいな。


丸岡節子「夢を追って」

mimoca16_compe17.jpg

半立体的な表現が面白かった。


立体作品のお気に入り。

東條裕志「彫刻硝子ひまわり・ひまわり」

mimoca16_compe08.jpg


川西アートフラワークラブ「無題」

mimoca16_compe51.jpg


投票は気に入った作品3つを選んで投票します。
上記の中からさらに絞り込むのをけっこう悩んだなあ。

でも、すごく面白かった。
企画展でがっかりしたぶん、この展示で救われた感じ。


【Information】オフィシャルサイト

アクセス:JR丸亀駅南口より徒歩1分
     JR丸亀駅前地下駐車場・2時間無料

開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)

休館日:年末12月25日から31日、および展示替え等による臨時休館日
   (詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください)

入館料:常設展 一般300円 大学生200円 高校生以下無料
    企画展は展覧会ごとに定める


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿