« 群馬音楽センター【アントニン・レーモンド|群馬県高崎市】 | メイン | 多摩川駅周辺散策【公園編】 »

2010年10月31日

高崎市役所【久米設計】

建築デザイン

tch_arch2.jpg

tch_board.jpg


白井晟一の展示とアントニン・レーモンドの音楽センターを見に
高崎まで来ました。

群馬ってけっこう遠いなあ、と思ってたけど、
渋谷から湘南新宿ラインを使えば一本、2時間で行けちゃう。
いい具合に距離も離れているので学割も使える。

ちょっと早起きをして、
渋谷を7時前発の列車に乗って、高崎に9時前に到着。

午前中は群馬の森群馬県立近代美術館で白井晟一展を観て、
午後2時前にまた高崎駅に戻ってくる。
東口には散策スポットがほとんどなく、西口へ。
駅から真っ直ぐ伸びる大通りが右側に曲がっていくあたりに
目指す高崎市役所はある。


世田谷区民の僕が、別にこの市役所に行政的な用があるわけでもない。
用があるのはこの建物の21階。
そう、この市役所の21階は展望台になっているのです。
そしてこの展望台から市役所の隣にある群馬音楽センターを見たかった。
ただ、それだけ。


しかし、この建物立派だわ。
潤ってんな〜、高崎市。

富山市役所もすごいなと思ったけど、ここも負けず劣らず。



広告



市役所に近づくと、見えてくるハープの置物。

tch_harp.jpg


ちょっとした噴水広場になってます。

tch_fountain.jpg


花もたくさん。

tch_flower0.jpg

tch_flower1.jpg

tch_flower2.jpg


ガーデニングの展示もしてたり。

tch_gardening.jpg


なんかよく分からない古風な箱もあったり。

tch_oldbox.jpg


そして建物の前へ。

tch_outside.jpg


音楽センターからの眺め。

tch_outside_side.jpg


正面玄関の前には大きな黒いアーチが。

tch_arch1.jpg

サーリネンのセントルイスのジェファーソン記念碑を彷彿とさせる。


市役所の左隣には、これまた立派な市議会が。

tch_cityassembly.jpg


さあ、いよいよ中へ...

吹き抜けの大空間ロビー。

tch_lobyhall1.jpg

tch_lobyhall2.jpg

でっかいダクト。

tch_duct.jpg


エレベーターで21階へ。

tch_elevatorhall.jpg


展望台。

tch_observatory.jpg


展望台からの絶景。

tch_riverview.jpg

烏川をのぞむ。

tch_stview.jpg

高崎駅をのぞむ。

一番見たかった群馬音楽センターはこちらで別途レビューしています。


市民ギャラリーへの連絡通路。

tch_breezeway2.jpg

実際に下へ降りてみると、こんな感じ。

tch_breezeway3.jpg

tch_breezeway.jpg


市民ギャラリー。

tch_gallery.jpg

tch_gallery2.jpg

行政機関のある場所のすぐそばにこうした開放的で大規模なギャラリーがある。
芸術に高い関心があり、芸術に対して寛容な街、ということでしょうか。

こういう街こそ、心豊かに暮らせる場所なのではないだろうか。
金沢、富山と並ぶほど好感を持てました。


旅行というほどでもないけれど久々の遠出、ということで、
最後は疲れた身体を癒すべく銭湯へ。

takasaki_sento.jpg

駅から10分ほどの所にある「滝の湯」。
たぶん滝見町にあるから「滝の湯」なんだろうな。
お湯がめっちゃ熱かったのであんまり長湯はできなかったけど、
それでもさっぱりリフレッシュ。

帰りの湘南新宿ラインでもうとうと居眠りしながら帰路につきました。


この記事が面白い!と思ったら...↓
 
にほんブログ村 デザインブログへ

カテゴリ

タグ

関連ページ



コメントを投稿